切らない 目のくま・目の下のたるみ取り に レディエッセ注入を組み合わせる こだわり 

2011年06月11日 土曜日

okura スライド2.jpg*katoスライド1.jpg
切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブ ログ 「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

ppp_banner.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

 
こんにちは 皆さん

毎日お顔のご相談を受け治療させていただく中で、
「目の下の クマ・たるみ・シワ」は、
やはり最も 切実な悩みであることを実感しております。

私の場合、基本的にその治療は、
目のくま 目の下のたるみの原因が 膨らみ(凸み)であれば、
DR近藤 オリジナル 切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

窪み(凹み)であれば、「ラディエッセ注入」(または脂肪注入) を
ご縁を戴いた全国の皆さんに施術させていただいております。

しかし、目の下の悩みは千差万別、お一人お一人違います。

特に膨らみとその下の窪みライン(凸みと凹み)が
混在したタイプ
の患者さんは、
実際には非常に多く見受けられます。

そして、この混合タイプの患者さんを、
如何に綺麗にして満足していただくかが、
私に与えられた使命であり

そして、かなりの完成度・満足度を提供できる治療法
「DR近藤オリジナル TCB-R コンプリート法」
の確立に至りました。

東京クリニックガイド1.jpg

この方法は
まず、目の下の膨らみには
「DR.近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取り:TCB」を

さらにその3週間後、下部の凹みラインを改善すべく
「ラディエッセ注入」または「脂肪注入」を行う方法です。
(脂肪を減らす部位と ラディエッセ(脂肪)を注入する部位は 異なります)

つまり、TCBとラディエッセ注入(脂肪注入)を組み合わせる
TCB-R法は たるみ・シワ・凹みを
総合的に改善する治療なのです。

まず 脂肪を減らす「DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り」 は
目の下の皮膚は切りません。
この施術は 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。
「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。
アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから
手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。
痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。抜糸も必要ありません。
脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、
術直後でも 基本的に内出血は ありません。

TCB-R sumida.JPG

TCB-R sumida post +.JPGのサムネール画像

お写真の モニターさんは 30代女性です。
私のTCBを お受けになりました。
上は術前 下 は 術直後のお写真です。

基本的に 術直後でも ご覧のように 内出血は ありません。
お顔には傷を作ることなく このような治療が出来るのです。
私の 切らない目の下のたるみ取りは 俗に言う 「脱脂」ではありません。

OPE横.JPG
脂肪をガッポリ減らし 凹ませるのではなく
20年以上の脳外科顕微鏡手術治療の経験と技術を
美容外科医療に 活用し
繊細な手術テクニックで そっと 適量減らし 脂肪で押される圧力を感じながら
防衛反応で 伸びていた皮膚や筋肉を
楽にして 再び引き締める スイッチを いれる治療なのです。

つまり 単なる脂肪取りではなく 皮膚と筋肉の引き締め能力を引き出す
自己再生手術なのです。

また 私の場合
目の下の脂肪を減らした後3週間以上 空けて
その下の凹みラインのラディエッセ注入・脂肪幹細胞注入治療を行います。

その理由は
確かに 私の TCB手術直後、内出血は 通常生じませんが
腫れは 全く生じていないわけではなく
この段階で 患者様の正確な 凹みラインは判定できないからです。

正確な判定が出来ない中で
注入を行えば 勿論 仕上がりに妥協が出てしまうと考えるのです。

ですから 患者様には 組織レベルでも 腫れが落ち着いている
3週以降 御来院いただき
正確な凹みラインを 評価して
ラディエッセ注入 または 脂肪幹細胞注入を 行うのです。

また 私が 凹みラインの治療に
自信と責任を持って ラディエッセ注入を 行う理由を
幾つか述べます。

ラディエッセ(レディエッセ)は ヒアルロン酸など 他のフィラーに比べ
その粘稠度、弾性力が高く
また その持続性も 長い 優れたフィラーです。

スライド粘稠 08.jpg
粘稠度、弾力性が高いと言うことは
すなわち
「ずれにくい、形が保たれやすい、盛りあげ力が強い」
ということです。

時々 患者様から 質問を受ける
レディエッセを入れたら硬くなる」という御質問ですが

それは 当然のことで

裏返せば 容易に 入れた場所から 流れてしまう
柔らかなヒアルロン酸に比べ
お顔の筋肉の動きにも抗して
形を保持する能力が高いフィラーと言うことです。

そして「しこりになることがある」という御質問には
今述べたように

粘りと弾力が優れた性質であるレディエッセを
皮膚の浅い部分(層)に注入すれば
当然 しこりのように なります。

これは レディエッセ自体が悪いのではなく
担当した医師が 間違った知識と技術で
レディエッセを 浅い層に注入することで
生じるケースが ほとんどです。

hifu スライド15.jpg

レディエッセは 少なくとも
図で示す 皮下脂肪層よりも深め、

解りやすく言えば
皮膚の中に注入するのではなく
骨膜に覆われた 骨の表面に載せるように注入し
皮膚を下から 持ち上げる様に
使用するものと考え
日々 治療を 行っています。

ですから 凸凹になることもなく
皮膚の表面も 自然な盛り上がり カーブになるのです。

さらに「肉芽腫になる」</font>といった御質問に対しても
そのような 正式な報告は 無く

レディエッセの安全性は 米 FDAでも 認可されている
選ばれた フィラーなのです。</font>

また 私の患者様であっても 時々
メールや ご来院の折に
「レディエッセは硬いので 目の下には 注入できないと
ネットで 書いてありました」とか

他のクリニックでは 目の下には
レディエッセを入れられないと言われました」
という 御質問を 受けることがあります。

実際 私が 目のくま、目の下のたるみ治療で
レディエッセを 注入している部位は
先にも申し上げたとおり
チーク(上ホホ・中顔面)もしくは
チークと下まぶたの間にある 凹みラインなのです。

東京クリニックガイド1.jpgのサムネール画像

目の下の皮膚は 非常に薄く デリケートです。

その下には骨もなく レディエッセ注入には
適していないことは 私自身も 認める事実なのです。

レディエッセの注入で ホホが上方に持ち上げられる事で
目の下の凹みラインが つまり 目のくまが改善されるのです。

 

プッシュアップ1.jpg

短絡的に 目のくま 目の下のたるみ治療は
目の下だけの問題ではなく
ホホ(チーク)を含めた 中顔面のバランスの問題として受け止め
正しく 治療を 行ってゆく必要があるのです。

 

目の下2スライド5.jpgのサムネール画像
また 私が ラディエッセ注入も
単なる注入ではなく 自己再生治療と 評価している 理由ですが
ラディエッセの主成分である
ハイドロキシアパタイトの粒子は 1年から1年半で
吸収されてゆきますが
この粒子の周りに 注入後 患者様ご自身の コラーゲン新生が
生じるのです。(下図参照)

レディエッセ組織1.jpg

レディエッセ組織2.jpg

つまり 外から注射した ラディエッセの替わりに
自分のコラーゲンが およそ体積にして 3割ほど 残ってくれるのです。

ですから 持続性の点でも ヒアルロン酸に優ることは勿論
その3-4割が残るとされる 脂肪注入にも 匹敵すると考えます。

さらに ラディエッセ注入は 脂肪注入に比べ
大腿やお腹から 脂肪を 採取する手間 リスクもありません。
お値段も お安く出来ます

また 半固形の脂肪が ある程度の太さの針で注入する必要があることに比べ
ラディエッセはクリーム状で ヒアルロン酸同様
細い針で注入でき 痛みは勿論 内出血や腫れも生じにくいのです。

なおラディエッセ注入はその施術にコツと経験が必要ですが、
多くの経験を重ねるうちに、単なる凹み修正ではなく、
そのコラーゲン産生刺激作用により 皮膚の性状を変化させ、
おシワの改善効果を出せることを実感しております。

勿論 注入材料に やはり ご自身の脂肪を注入されたい方には
脂肪幹細胞注入療法を行えます(TCB-F法)ので
ご安心ください。
以上 脂肪で押されていた 目の下の皮膚と筋肉の自己再生のスイッチを入れる
<font color=”#336699″>「切らない目の下のくま・たるみ取り:TCB」</font>と
目の下の凹みラインを盛り上げ、自らのコラーゲン新生を つまり
皮膚の自己再生を促進できる <font color=”#336699″>「ラディエッセ注入」</font>

この 両者を組み合わせた TCB-R(RはラディエッセのRです)法は
切らない目の下の 自己再生治療なのです。

目の下の悩みなら どのようなことでも お問い合わせください。
是非 当院HP マイページログインから
ドクター無料相談 を ご利用ください。私が 直接 お答えいたします。

または
SOグレイスクリニック 私のカウンセリング予約
おとりください。
リーダイアル0120-0480-74 (東京 大阪共通)

なお 只今 TCB TCB-R TCB-F法 とも
非常に お得な キャンペーン実施中です!
是非 この機会に 悩みを 解消してください!

お待ち申し上げます。

(注:本文中の ラディエッセは レディエッセと 同じものです)

近藤惣一郎

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン! 予約受付中! 0120-0480-74

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得
DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

五畳半の狼・第342回放送分

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)