食を考えること

2011年01月10日 月曜日

毛皮.JPGのサムネール画像

リンゴ.JPG

リンゴ芯.JPG

 

 

 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り
 

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

 
SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

 

DR近藤大解剖TV番組
DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

 

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

見てください 日本ブログ村 近藤惣一郎のページ

ppp_banner.jpg

マダイ2.JPG

 

こだわりの食生活:リンゴの芯

 

 

こんにちは

 

寒い日が続いていますね。

 

こんな厳しい時期でも

風邪などひかず

元気に過ごすためには

日常の体調管理が大切ですね。

 

私も職業柄 体調管理には かなり

気を遣っています。

 

その柱が

毎朝 欠かさない プールでのスイミングと

こだわりの食生活です。

 

「こだわり」 というと 皆さんは

私が さぞかし 毎日 美味しいものを

食べているように想像されるかも知れませんが、

実は 私の食生活は 至ってシンプル、質素です。

 

東京と大阪・京都を行き来する生活環境ですから

すこし 外出すれば

美味しく贅沢な料理や

デパ地下の豪華なデリカも手に入ります。

 

しかし 私は 出来るだけ 食べ物は

自然の素材を あまり手を加えることなく

食することを 心がけ 実行してきました。

 

特に 大好きなトマトは

食べない日は まずありません。

 

ナスに納豆、シシトウ、レタス、

ピックルス、ヨーグルトに黒酢….

私の 好物です。

 

写真は 実家が長野にある方が

先日 私に 贈ってくれた リンゴです。

 

オレンジやリンゴなど

フルーツも大好きで、

 

なかでも、リンゴは携帯性にも優れ、

ここ数年 リンゴは箱買いして

仕事合間や釣りの最中に丸かじりしてきました。

 

そして もう一つの写真にあるように

「こんなに リンゴって 食べられるんだ」と

他人に驚かれるほど

芯の芯までしっかり食べるのです。

 

きっと 殆どの方が

リンゴの芯は もっと太く

食べられるところは

少ないと考えていると思いますが、

 

ありがたく感謝して

丁寧に 食べてゆくと こんな形になるまで

リンゴは食べられるのです(笑)。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

リンゴには

細胞老化の原因になる活性酸素の働きを抑制する

ポリフェノールや 便秘や高血圧予防に良い 食物繊維

ペクチンが豊富に含まれています。

 

トマトに含まれるリコピンもそうですが

ポリフェノールも 熱に強いため

トマトやリンゴは 熱を加えても

栄養価が損なわれにくい食べ物です。

 

トマトが苦手な人は

焼いたり 煮込んだりすると

栄養価は損なわれいなかに 酸味が和らぎ食べやすくなりますよ。

焼きトマトは 絶対に トマトを好きにさせる調理です。

 

 

私は 逆に ステーキや焼き肉、ハンバーグなどは

年に1回食べるか食べない程度で、

 

バターを豊富に使うフレンチも

やはり 殆ど積極的には 食べません。

 

お肉も 世に言う 贅沢品も

人に食べてもらって 喜ばせるのは楽しいのですが

やはり 自分が食べるとなると

ブレーキがかかります。

 

50前の私が

今まで 好きなものを 好きなだけ食べていたら

今の体型の 私は 無いと思います。

 

勿論 これからもですが….

 

さて、体型、容姿に関連して

すこし 魚の話も してみましょう。

 

皆さんは

真鯛(マダイ)といえば どれも 桜色で 美しく

せいぜい 大きさが違う程度としか

認識しておられないかもしれません。

 

しかし一言で マダイ といっても

色も 体つきも 顔つきも

そして 元気の良さも

 

そのマダイが どこの海で

どんなふうに 何を 食べているかで

全く違ってくるのです。

 

近年、稚魚放流に伴い、本来マダイが居なかったような条件の海にも

マダイは増え、決して「高嶺の花」とも 言い切れなくなりました。

 

釣り船が毎日のように同じ魚礁に行き、

人口的な餌をマキエすれば、

 

その場所に 居着いている マダイ達は

 

大きな海を 一生懸命泳ぎ回って

活きた新鮮な餌を追い求める 努力を 全くすることなく

毎日 食べ物にありつけます。

 

体は大きくなっても、筋肉が付かず、

尾びれや背びれも相対的に小さくなります。

 

それでも、さすがに「魚の王様」だけあって、

食べてみれば それなりに美味しいのですが、

妙に脂が乗っていたり、身に締まりがない場合が多いようです。

 

一方、私が釣りを行って来た中部・関西地方なら、

伊勢湾口の鳥羽、瀬戸内海の明石、鳴門のマダイは、

 

ホルモンの変化で体色が黒みを帯びる交尾・産卵の時期以外は、

実に美しい桜色で、ヒレも虹色に輝きます。

 

これらの地域のマダイは 味も容姿も抜群で

献上品として、古くから珍重されてきました。

 

容姿端麗で味も良いマダイが居る地域は、

概して潮が速く、そのような場所にはプランクトンが 沸き、

 

それを追って小魚や甲殻類も集まり、

その良質な餌を追って、遊泳力に長けた、

強い天然マダイが集まるのです。

 

背びれ、尾びれも大きく、面構えも 実に精悍で、

惚れ惚れします。

 

身に締まりがあり、味わいも

まさに「本物・一級品」といえます。

 

これらのマダイ達の常餌は、活きたエビであり、

生きの良いエビを食してこそ、このマダイが生まれ育ち、

この地域で 素晴らしい遺伝子が引き継がれているのだと思います。

 

因みに マダイの桜色は

まさに 餌にしている エビの桜色が

創りだしているのです。

 

つまり、魚達は 見かけ体型は勿論、身の味までも、

何を食べているかに 大きく依存しているわけであり、

食そのものが、無数にある細胞一つ一つを

毎日育て続けていることからすれば、

当然のこととも言えます。

 

 

我々人間も、魚と同じ生き物です。

 

ですから 我々も 毎日 何を どのように 食しているかが

外面は勿論 各臓器の細胞レベルまで影響するのです。

 

毎日、毎日 繰り返す食事です。

飽食の今、目の前にある品、

特に加工品を「美味しいから」と、

安易に食すような食事を積み重ねる人と、

 

決して高価でなくとも、質素でも、素材にこだわり、

魚を買うなら保存の効かない生を姿ごと、

野菜も丸ごと手に入れ、

 

鮮度が良い状態で  美味しくいただく工夫を行い、

食べ物に感謝して味わう食事を 積み重ねる人とでは、

 

体型は勿論、顔つきや姿勢、言動や思考までも

違ってきて当然とも言えます。

 

私たちは 毎日 必ず行う 食事の中で

考えたり 努力したりすることの有無で

 

容姿も お肌も 体型も そして

内面も 変化してゆくはずなのです。

 

「何をどう 食するか」は ただ単に、

体重やウエスト廻りの問題ではなく、

「自制」「自己管理」そして 「生きる姿勢」として、

私たち 一人一人の人生全般に深く関わる事柄だと思うのです。

 

 

 

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー
私の施術をお受けになった患者様からの お手紙

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74 

施術料金一覧

SO グレイスクリニック 最新美容皮膚ケア

DR近藤 過去のブログ(アメーバブログ)

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

脳外科医、美容 外科医、沖釣りアングラー・医学博士 近藤惣一郎のHP

 
DR近藤惣一 郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

近藤先生釣り 番組1

近藤先生釣り 番組 2 

真愛不死

日曜劇場「JIN 仁」

誉  全国優勝 おめでとう!

NHK 時代劇・陽炎の辻 居眠り磐音・江戸双紙


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)