術直後でも腫れない、内出血のない 二重まぶた術:SOグレイスクリニック術直後症例写真

2018年12月07日 金曜日

新しいボトックスの利用法「ボトックスリフト」でお顔のリフトアップ・小顔・モデル美脚に!
切らないオリジナル治療 SOグレイスクリニック HP

ザ・ベストハウスにて 最新若返り治療 一位獲得!DR 近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取り

鼻もアゴもチークも 注射で簡単プチ整形!!

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン! 予約受付中! 0120-0480-74

ザ・ベストハウスにも登場 DR近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

自分の血液から作るGELで 最先端若返り! SO Grace  PPP-GEL注入療法

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ 「美・創り」

五畳半の狼・第342回放送分

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

「美・STORY」10月号の特集
「45歳からの美人ドック」
「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

こんにちは 皆さん 
さて 以前のブログ
「第1弾・第2弾 術直後でも腫れない、内出血のないプチ整形、
美容外科:SOグレイスクリニック術直後症例写真」
にて 私が行った 手術・注入直後の お写真を
いくつかを ご覧いただきました。
(ご覧になっていない方は このブログと併せ 是非 どうぞ!)

 

今回と次回のブログでは
当院の プチ整形の中でも 若い方にも また 
ミドルエイジの方にも 人気のある 

二重まぶた術:特殊糸・手術顕微鏡による グレイス埋没二重術 と
ラディエッセ(レディエッセ)注入による お鼻とアゴのプチ整形 の

手術・注入直後 モニター写真を ご覧いただきます。

 

術直後や 注入直後は 腫れて当たり前…
そんな先入観は持たず、是非 ご覧ください!

二重まぶた術:特殊糸・手術顕微鏡による グレイス埋没二重術

(幅広平行型、自然な末広型、奥二重、上まぶたのたるみ取り) 

この治療は、いわゆる 糸による 埋没 二重術です。
当院では髪の毛よりも細い独自の極細糸と、
内出血を 極めて 起こしにくい 針を用いると同時に
手術顕微鏡により 極めて 繊細な 手術を 行います。

 

通常は 片眼 2点づつ留める 2点留めを 基本にしています。
針穴を上手く利用して 糸の結び目は 
まぶたの皮膚の中に 隠れるようになり 見えません。
これが 「埋没法」という 名前の由来です。

 

上記の 当院独自の工夫と技術により 下の 症例写真のように 手術直後でも 
内出血は 基本的に生じません。

 

手術時間は両眼で 25分ほどです。
目も閉じて 行え 痛みも麻酔でほとんど 抑えられます。

多少 直後は 麻酔液の影響もあり 腫れぼったくなり
二重の幅が 2割ほど 広めになりますが 
7日後には この写真の 一番下のように すでに 自然になります。

この患者様は 全くの一重で、皮膚も厚めの方でしたが、
お若いので 幅も広めの 平行型を望まれました。
このようなケースは 自然な末広型にくらべ、多少 糸に加わる力が大きくなる分
腫れや内出血が出やすいのですが 当院独自の工夫と 技術で 
ご覧の様な 術直後とは思えない ナチュラルな結果が得られます。

幅も そんなに広くない 自然な末広型を 望まれる方は
この写真よりも さらに 腫れも 少なくなります。

 

また 糸で留める 埋没法は 
決して 若い20代の方ばかりが お受けになるのではありません。

 

30代、40代 そして 50代の方も
弛んできた 上まぶたを メスを入れることなく
糸を使って 留めることで
若い時の 大きな目を 取り戻すことができるのです。

 

「切らない目の上のたるみ取り:埋没法」

実際 私の クリニックでは 20代の患者様と 同じくらいの頻度で
30,40代の方が この 糸による 埋没法で 
若かった頃の 大きな目を 取り戻し ご満足いただいております。

 

次に 他のモニター様の写真も 示します。
この方の場合も ほとんど 全くの一重で腫れぼったいまぶたでした。

自然な仕上がりの二重を 望まれました。
埋没二重まぶた術(2点留め)を 行いました。

 

やはり 術直後でも  内出血も無く サングラスもなく 新幹線でお帰りになられました。
一ヶ月すると 本当に 自然なラインになっています。

如何でしたか?
こんな感じなら 誰にも ばれずに
こっそり 理想の 二重まぶたが 手に入るはずです。

 

ご希望の方は 是非
お電話 0120-0480-74 まで どうぞ!

 

次回は 当院自慢メニュー
レディエッセによる 鼻 アゴの プチ整形
術直後写真を 紹介いたします。

 

乞うご期待!!


切ったりする手術は怖いけど
注射でお鼻やチークを高くしたり
(ラディエッセ隆鼻 チーク)
糸で二重まぶたにしたり、お顔を引き上げたり
(グレイス埋没二重術、チタンペックリフト)
まぶたの裏から目の下のくま・たるみを減らす手術で
(切らない目の下のたるみ取り)
お顔に傷が出来ずに綺麗で、素敵になれるなら
やってみたいな….

 

そんな方は、皆さんの中にも
きっと 沢山いらっしゃるはずです。

 

でも やっぱり 踏み切れずにいる方の ほとんどが
「治療後どれくらい腫れたり 内出血するのか心配….」
「特に 注射や手術直後は 内出血で青あざが出来たり
腫れてサングラスやマスクが必要で
数日間は 人に会えない…. それが当たり前…」

と考えてしまっているのではないでしょうか。

 

確かに 手術や注入治療は 手品ではありません。
注射一つでも あるいは細い糸をまぶたに1本かけるだけでも
人の体に、何らかの変化を与えれば
その裏返しとして 腫れることは 否定できません。

 

今回提示した 各モニターさんでも
術直後は ハリの刺入部に赤みが出たり すこし腫れていたり
二重まぶたのライン幅が 広めに出ています。

 

しかし 術直後 この程度の腫れであれば
メイクで判らなくできる程度だと思います。 
そして なによりも しっかり 効果が出ていますね。

 

手術や注入治療を行うのは 神様でなく
人である 我々 医師であり
一言で 医師と言っても
みな 年齢や経験 技術も違いますから
術後の腫れや内出血の程度 そして 仕上がりも
違ってきて当然です。

 

しかし、十分な解剖学的知識と
顕微鏡手術も含めた 丁寧かつ誠実な治療技術と
「内出血や腫れを最小限に留めよう」という
心と工夫が 医師にあれば

 

手術や治療をお受けになった当日でも 
マスクやサングラスなく 帰宅できることが
基本的には 当たり前に 出来ると 
私は考えており、また 
それを日々の診療で 実践することを心がけております。

 

施術、治療直後から
すでに 内出血や腫れが大きく出て
患者さんに
「腫れや内出血が ひいたら 綺麗になれるから…」
ではなく

患者さんが 治療直後、鏡に映るご自身の顔を見て
即「綺麗になってる!」「格好良くなってる!」
と 感激して 喜んでもらえることこそ

美容外科医の醍醐味であると私は考えます。

 

また 手術・治療直後 一度 
綺麗になっている自分のお顔をご覧になった患者さんは
その後 経過で 腫れや内出血が 仮に出たとしても
時間がたてば 治療直後の綺麗な状態に
なれるという 確信が持て
安心して 術後数日を お過ごしになれます。

 

ご縁をいただく 全ての患者さんの
期待にお応えし
このような感激を与えられるよう
私も 毎日 精進の積み重ねです。

 

お問い合わせ、カウンセリングの御予約は 
フリーダイヤル 0120-0480-74 まで 是非 どうぞ!


Comments are closed