PRP療法(高濃度血小板血漿療法)

PRP療法とは自身から採血した血液より高濃度の血小板血漿(BUFFY COAT) を分離し、皮膚に注射する治療です。自己血細胞を用いた最新若返り治療・ACR(Autologus Cell Rejuvenation) の一つです。現在美容外科領域でよく知られ、当院でも既に患者様に施術させていただいているACRにはPPP注入療法もございます。

PRP(Platelet Rich Plasma)には皮膚再生因子が豊富に含まれ、ヒアルロン酸のように凹みを盛り上げるフィラーとしての役割をするPPP(Platelet Poor Plasma)とは異なります。PRP療法は、皮膚トラブル(しみ、しわ、色素沈薬、にきび)を効果的に治療するものです。

極細の特殊針にて 患部皮膚に注入されたPRPは 図のようにフィブリン網に密集した血小板や白血球から放出される成長因子を放出。そして幹細胞(Stem cell)を集結し、さらにこれがフィブリン網で増殖、DNA シグナルによって注入された部位の細胞に分化することで皮膚の新生、再生がなされるわけです。

自身の血液から採取するPRP療法は非常に安全な治療ですが、その効果は血小板血漿・BUFFY COAT層をどれだけ巧みに濃縮できるかで大きく差が出てきます。少なくとも1マイクロリットル当たり100万個以上の血小板が濃縮されていなければ、明らかな効果が得られないとされているのです。

当院採用の I-STEM キッドは 濃縮されたBUFFY COAT層を完全滅菌操作で、効率よく抽出できます。

Long Needleを使いBuffy coatを抜き取ります。赤血球の上部に残ったBuffy coatはトルネード方式、つまりNeedleを一方向に回転させれば底面の血小板などの比重が相対的に軽い成分が上側に巻き上げられる様になり、この時に抜き取ると言う方法で残りのBuffy coatも綺麗に採取する事ができる新しい方式です。

施設によっては、より強い効果を狙い、このPRPに線維芽細胞増殖因子(FGF)などを混入して注射している場合がありますが、このことにより、非生理的な過度の結合組織増殖を注射部位に招き、患部が硬くなったり、凸凹になるトラブルが報告されています。

当院では、外因性の薬剤などを一切混入せず、生理的で安全でありながら確実で高い効果を実現できる最大限の努力を払い、自信を持ってPRP療法を提供しております。

注入部位
目の周り、法令線周りなど お顔のあらゆる部位。
手の甲、首。 小ジワやシミ、たるみやニキビ跡が気になる部位に。

注入量
1キッド・10CCの採血より、2〜3cc のPRPが得られます(患者様の血液の状態によります)。ご希望の箇所に注入いたします。
注入必要量は、1キッドあたり手のひら半分サイズ相当の面積を治療できます。(例:両目の下1キット、両手の甲2キット、首2キット)。

注入方法
32Gという極めて細い針で、患部に注入いたします。所要時間は2〜3ccの場合で、5分以内です。
当院では、笑気ガスでのリラックス麻酔に細い針を組み合わせることで、ほとんど痛みを感じることなく治療できます。
フラクショナルレーザーなどの処置後、コラーゲンシートにPRPを塗布し、これでパックするPRPコラーゲンパック法もございます。

注入後の腫れや内出血
極細針による経験豊富な私の注入法で基本的に内出血は生じません。液体を皮膚に注入することで、当然のことながら、注入部位は膨らみますが、法令線周りなど皮膚の厚い部分はあまり気になりません。目の下のように皮膚が薄い場所は、赤みを帯びた膨らみ(腫れ)が出ますが、翌日夜くらいまでには落ち着き、48時間後はほとんどわからなくなります。

効果
即効性のあるものではありませんが、肌にハリが出て、くすみや小ジワの改善が徐々に成されます。1ヶ月間隔で1クール(計3回)注入されると、かなり効果は高まります。

当院の特徴
当院が採用するI-STEM チューブ(試験管)は特殊な形をしており、高濃度血小板血漿(BUFFY COAT)がとてもわかりやすく抽出されます。PRP療法自体はしっかりとした論理に裏付けられた治療法ですが、効果にムラが出る要因の一つに、確実にこのBUFFY COATを採取することの難しさがありました。今回 このシステムを採用することで、患者様に確実なPRP療法の効果を提供できるのです。

価格

I-STEMチューブ1本から得られる2-3ccのPRP毎に 定価198,000円 のところ 
キャンペーン価格 98,000円