レディエッセ

レディエッセとは

レディエッセとは、カルシウム製剤であるハイドロキシアパタイトとサトウキビ由来の多糖体からなるフィラー(皮膚充填剤)で、一般のヒアルロン酸とは異なった特質を有します。
私たち人体の骨や歯の骨格を成す、カルシウム成分ハイドロキシアパタイトが含まれているのです。
皮下組織にこのハイドロキシアパタイトが注入されると、その網目蜂の巣構造の中に自身の線維芽細胞(せんいがさいぼう)つまりコラーゲン産生細胞が入り込み、コラーゲンを創り出すのです。
これは、脂肪注入が実は入れた脂肪を残すという意味ではなく、その周囲にコラーゲンのフレームをつくる(脂肪をハチの幼虫にたとえると蜂の巣のような感じです)こととある意味似ています。
レディエッセ1
レディエッセ1
「歯や骨にあるから 硬くなるのでは…」
というご質問を受けることが多いのですが、レディエッセは皮膚自体に注入すると言うよりは、皮膚の下にある骨(骨膜)の上に注入し、皮膚を下から持ち上げるようなイメージで注入します。ですから皮膚は傷めません。その安全性は米FDAにも認可されています。
確かに初めの数週は硬めですが、コラーゲンに置き換わるにつれ、通常のヒアルロン酸よりも自然な質感になってゆきます。
因みに、注入されたハイドロキシアパタイト自体は、1年〜1年半ほどで吸収され無くなるとされていますが、生成されたコラーゲンは何割かはその後も永続的に残って行きます。つまり、自分のコラーゲンを新生するのです。
レディエッセ

レディエッセ5
勿論、繰り返しの注入も可能です。レディエッセ注入は、通常のヒアルロン酸注入とは全く異なったものであり、より組織学的には生理的なものなのです。微細な形成能力、内出血や腫れの少なさ上述の特質などを考えあわせますと、定価の148,000円(1.5CC)は一般のヒアルロン酸と比べれば高価ですが、むしろ脂肪注入と比較すべきものでありその値段は、決して高いものではないと自信を持って、ご紹介できるのです。

レディエッセ5
レディエッセ3
レディエッセ5
レディエッセ3
お鼻やアゴの整形は一昔前なら、ヒアルロン酸の注入は持続性もなく形もシリコン性のプロテーゼに劣ると考えられていました。
しかし、レディエッセの登場で注入するタイプのプチ整形効果・持続性・可能性が大きく拡がったと考えています。
形も自由自在、とくにお鼻に関しては、今までの注入系のプチ整形では難しいとされてきた鼻尖・鼻柱の・形成もレディエッセの特質も踏まえ、私独自の注入方法でかなり行えるようになりました。
また、顎もボトックス注射と組み合わせることで「梅干し状」のおシワも改善できます。
レディエッセ2
レディエッセは代表的なフィラー(皮膚充填剤)であるヒアルロン酸に比べ非常に粘稠度と弾性度が高くなっています。これは凹みを盛り上げる能力に長け、筋肉の動きがあるお顔の中でも、注入した部位に留まりやすいということにつながります。また、アゴや鼻など、正確な形成が要求される部位の注入には特に優れます。
レディエッセは、それ自体安全なものです。シリコンやアクアミドなどの非吸収性物質ではなく、1年〜1年半で吸収されます。ですから異物として残りません。ただ、注入直後のボリュームが時間が経つと完全に無くなるわけではありません。2−3割は、自身のコラーゲンとして残存すると考えられています。勿論、追加注入も可能です。
レディエッセ4

永久効果ということでお鼻やアゴにプロテーゼをお考えの方も多いのですが、やはり 手術は怖く、せっかく手術しても、思い通りの形にならなかったり、将来的に 感染や皮膚の障害などに不安を抱かれています。そんな長年の悩みを、安全にかつ効果的に、たった数分の処置で解決し、新しい貴女を創り出す治療。それが、DR.近藤こだわりのレディエッセ注入なのです。

ご料金

ハイドロキシアパタイト入りヒアルロン酸・レディエッセ(1.4cc) 定価148,000円
なお、レディエッセは当日使い切りタイプです。余った場合は、他の部位に御使用できます。

本数また注入部位は私とご相談いただけます。

コンデンス脂肪肝細胞注入法

御自身の脂肪を多部位から採取してお顔に注入する方法です。
特に、コンデンス脂肪肝細胞注入法では採取した脂肪を遠心分離器に掛け濃縮し 増殖能力に優れた脂肪肝細胞を取り出します。脂肪はコラーゲンとならび、私たち人間の皮下組織を形成する主要組織です。ですから、注入物質としては、もっとも生理的です。お値段的にも注入量には関係ない設定になっておりますので深い法令線やこけたほほの改善など、凹みを盛り上げる注入物質の量が多く必要な治療に適しております。
方法

まず、御自身の太もも(あるいはおへそ)に 2ミリほどの小さな 切開を設け そこから 脂肪を吸引して採取します。静脈麻酔で眠った状態で行いますので、怖くありませんし、局所麻酔も併用いたしますので痛くありません。

そして、その脂肪を遠心分離器で濃縮します。
この濃縮した脂肪を、目の下の凹みに丁寧かつ慎重に注入するのです。
時間は全部で30分足らずです。

一般の方に 多くみられる誤った考え方に、脂肪はヒアルロン酸などとは異なり「自分の脂肪であれば、注入後永久に定着、残存する」というものです。 実際は自分の脂肪であっても、血液が通わないと注入脂肪は その場所では生きて行けません。

つまり、徐々に吸収されて行きます。一般的には、はじめ注入した量を10とすればその3−4割の量が保たれると言われています。さらに注入した脂肪そのものが残るのではなく、その脂肪の周りに 自分の結合組織(=コラーゲン)が集まり、それが脂肪と共存しボリュームを保つと考えられます。 ですから、脂肪注入であってもボリュームを保つといった意味では、一度の注入ではなく、数回、追加注入が必要になる可能性をご理解していただくことになるのです。

ただし、今回当院が 取り入れたシステムでは 注入後 その部位で増殖能力のある「脂肪肝細部」を効率よく採取注入できますので、 従来の脂肪注入に比べ、注入後のボリューム減少率はかなり改善されております。

ご料金

施術内容 定 価
脂肪幹細胞採取 148,000円

+

施術箇所 定 価 キャンペーン価格
法令線 300,000円 119,000円
口 角 150,000円
目の上 300,000円
目の下
ホホ

(*すべて左右両側行う代金です)
(*麻酔代金が別途30,000円必要です)

施術内容 定 価 キャンペーン価格
2箇所同時注入 119,000×2= 238,000円 200,000円
3箇所同時注入 119,000×3= 357,000円 300,000円
まず 脂肪採取料金148,000円 + 
1.法令線 → 通常価格:300,000円 (キャンペーン価格:119,000円
2.口 角 → 通常価格:150,000円 (キャンペーン価格:119,000円
3.目の上 → 通常価格:300,000円 (キャンペーン価格:119,000円
4.目の下 → 通常価格:300,000円 (キャンペーン価格:119,000円
5.ホホ → 通常価格:300,000円 (キャンペーン価格: 119,000円

(*すべて左右両側行う代金です)
(*麻酔代金が別途30,000円必要です)

2箇所 同時注入の場合は 
119,000×2= 238,000円 → 200,000円  

3箇所 同時注入の場合は 
119,000×3= 357,000円 → 300,000円  

というお得な値段で行います。 

また、将来的に追加注入をされる場合は
脂肪採取料(148,000円)+その時点でのキャンペーン価格の半額を加えた値段で行います。
(たとえば119,000円であれば59,500円)