コンデンス脂肪肝細胞注入法

(深い法令線、おおきくこけたホホ、目の下の凹みなど)

御自身の脂肪を多部位から採取してお顔に注入する方法です。

特に、コンデンス脂肪肝細胞注入法では採取した脂肪を遠心分離器に掛け濃縮し 増殖能力に優れた脂肪肝細胞を取り出します。脂肪はコラーゲンとならび、私たち人間の皮下組織を形成する主要組織です。ですから、注入物質としては、もっとも生理的です。お値段的にも注入量には関係ない設定になっておりますので深い法令線やこけたほほの改善など、凹みを盛り上げる注入物質の量が多く必要な治療に適しております。

方法

まず、御自身の太もも(あるいはおへそ)に2ミリほどの小さな切開を設け、そこから脂肪を吸引して採取します。静脈麻酔で眠った状態で行いますので、怖くありませんし、局所麻酔も併用いたしますので痛くありません。

そして、その脂肪を遠心分離器で濃縮します。

この濃縮した脂肪を、目の下の凹みに丁寧かつ慎重に注入するのです。

時間は全部で30分足らずです。

注入脂肪の定着率・その後の変化

一般の方に 多くみられる誤った考え方に、脂肪はヒアルロン酸などとは異なり「自分の脂肪であれば、注入後永久に定着、残存する」というものです。 実際は自分の脂肪であっても、血液が通わないと注入脂肪は その場所では生きて行けません。

つまり、徐々に吸収されて行きます。一般的には、はじめ注入した量を10とすればその3−4割の量が保たれると言われています。さらに注入した脂肪そのものが残るのではなく、その脂肪の周りに 自分の結合組織(=コラーゲン)が集まり、それが脂肪と共存しボリュームを保つと考えられます。 ですから、脂肪注入であってもボリュームを保つといった意味では、一度の注入ではなく、数回、追加注入が必要になる可能性をご理解していただくことになるのです。

ただし、今回当院が 取り入れたシステムでは 注入後 その部位で増殖能力のある「脂肪幹細部」を効率よく採取注入できますので、 従来の脂肪注入に比べ、注入後のボリューム減少率はかなり改善されております。

御料金 (脂肪幹細胞採取料金+注入料金)

施術内容 定 価 キャンペーン価格
脂肪幹細胞採取 200,000円 148,000円

+

施術内容 箇 所 定 価 キャンペーン価格
脂肪幹細胞注入料金
(法令線 口角 ホホ 目の下など)
1箇所 200,000円 100,000円
2箇所 360,000円 180,000円
3箇所 520,000円 260,000円
再注入料金 1箇所 150,000円 50,000円
(赤文字 キャンペーン価格)

脂肪幹細胞採取 定価 200,000円 → 148,000円
+ 脂肪幹細胞注入料金 (法令線 口角 ホホ 目の下など) 
1箇所 定価 200,000円 → 100,000円
2箇所 定価 360,000円 → 180,000円 
3箇所 定価 520,000円 → 260,000円

再注入料金 
1箇所 定価 150,000円 → 50,000円

例 目の下 148,000円+100,000円  計248,000円
  法令線+目の下 148,000円+180,000円  計328,000円