ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得! 切らない 若返り フェイスリフト ②お受けになる方へ

2018年11月29日 木曜日

新しいボトックスの利用法「ボトックスリフト」でお顔のリフトアップ・小顔・モデル美脚に!

切らないオリジナル治療 SOグレイスクリニック HP

ザ・ベストハウスにて 最新若返り治療 一位獲得!DR 近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取り

鼻もアゴもチークも 注射で簡単プチ整形!!

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー

自分の血液から作るGELで 最先端若返り! SO Grace  PPP-GEL注入療法

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ 「美・創り」

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン! 予約受付中! 0120-0480-74

ザ・ベストハウスにも登場 DR近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

五畳半の狼・第342回放送分

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

「美・STORY」10月号の特集
「45歳からの美人ドック」
「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

DR近藤オリジナル・切らないお顔のリフトアップ術②
:手術当日、ダウンタイム、経過など

切らないお顔のリフトアップ手術 チタンペックリフト
:手術日、ダウンタイム、その後の経過

前回の
ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術①:引き上げの仕組み と チタンのネジを活用する理由

では このオリジナル治療の象徴とも言える 
チタン製のネジを 何故用い、それがもたらす長所 
そして その安全性を お話しすると共に
お顔の皮膚を切らないなかにも
皮膚とその下にあるSMAS(お顔の筋肉など)を剥離して
お顔の皮膚を 動きやすくした後 
これと連続性する頭皮を引き上げ
お顔のリフトアップを行う
 
脳外科医が その知識と経験を活かして行う
この美容外科手術の 技術的側面を解説しました。

そして 今回は 実際 チタンペックリフトを
お受けになろうと考えておられる皆さんに
手術当日の流れ(麻酔や手術時間)、手術後の腫れや痛み、
お顔が どのように 変化してゆくかなどを
具体的に ご説明いたします。

「チタンペックリフト」は 以前 フジテレビ「ベストハウス123」最新若返り美容外科にて 
ベスト1に選んでいただきました。

これもひとえに 私と私の施術に信頼を寄せてくださる
患者様 お一人お一人の お陰であるとことを
肝に銘じ 日々 精進を重ねて行きたいと思います。

手術前(およそ一時間の入念なカウンセリング)

まずは カウンセリングです。実際お顔を診させていただき、患者様ご自身がお顔のどの部分のたるみに悩まれているかお話を聞くと共に、私のチタンペックリフトが効果をどの程度出せるのかを、判定させていただきます。たるみの程度が軽い方には、簡易式・クイックチタンペックリフトを御提案させていただくこともあります。また、チタンペックリフトでフェイスラインをスッキリさせるだけでなく、私のHPにも紹介してありますレディエッセ(ラディエッセ:ハイドロキシアパタイト注入剤)を、顎やチークに注入し、より若返り素敵になる、お顔のバランスも提案いたします。

 

 勿論 この時に、具体的な手術法、麻酔、術後の腫れや痛みの可能性も正しくご説明しますので、カウンセリングには、おおよそ1時間をかけさせていただいております。手術をお決めになられた場合は、血液検査もこの後おこなわせていただきます。

 

 なお、当院ではカウンセリングをしっかりお受けいただき、改めて手術日を御予約いただくことが多く、即日の施術治療は、原則、事前に手術予約をいただいている方のみ可能です。ご遠方で東京や大阪に頻回に来られない方で即日手術希望の場合は 事前に私のアドレス(kondo@so-graceclinic.com)まで、お顔写真をお送りいただき、私とメールでやりとりされると、スムーズに行えます。

手術当日(手術時間は 1時間~1時間半、麻酔で眠って行えます)

【お食事や水分】

午前中の場合は朝から午後からの手術ならお昼から絶食です。水分摂取は、開始1時間までなら、適量かまいません。
スッピンでもメイクをしてきていただいてもかまいませんが 手術前に お化粧は 落としていただきます。

【シミュレーション、マーキング】

そして、点滴を留置した後、私が 改めて お顔を診て、引き上げをシュミレーションいたします。
つまり 糸の通し方とチタンを留める場所を決定するのです。
この時引き上げに関し、何かご希望があれば、改めてご遠慮無く、お申し出ください。
マーキングは5分ほどで完了します。

【麻酔開始 髪結い】

マーキングが終われば ベッドで横になっていただき、直ぐに、麻酔のお薬を点滴から投与いたします。これで、どなたも眠りに入ってしまいます。
それを確認後、確実かつ清潔に手術が出来るよう、ナースが、頭皮上の 小切開を加える部位、糸を通す経路の頭皮の地肌が露出するよう両側頭部の髪をくくります。(この時点で眠っていますので、患者さんはこの事を覚えていらっしゃらないことがほとんどです)。
髪はまったく、切ったり、剃ったりしなくて大丈夫です。所用時間は 15分ほどです。

【手術セッテイング】

さて チタンペックリフトの特徴の一つに、手術中の患者さんの体位があります。
脳外科医はしばしば、患者さんを仰向けにせず、横向き(側臥位)に、ちょうど ベンチやソファーで横になるような楽な姿勢にして、頭部の手術を行います。
チタンペックリフトの時も、まず右を行うときは右側頭部を上にした右側臥位で行い、左を行うときは反対に向けて左側臥位で行います。こうすることで、患者さんは無理に首を振ることなく、楽な体制で手術を受けられます。
これにより麻酔も効きやすくぐっすり眠ることが出来、より痛みも感じにくくなります。
また腰痛持ちの方も安心です。また私にとっても手術する側頭部が上面に来て、手術が行いやすく、手術時間を短縮できるのです。そして、手術部位を消毒し、道具をセットして手術開始に備えます。所用時間は10分ほどです。

【手術】

手術自体の 所用時間は 片側30分、両側で一時間です。麻酔が効いていますから、眠っている状態で行えますのでご安心ください。また 当院では、より確実に痛みが抑えられるよう「笑気ガス麻酔」も併用しております。笑気ガスは、安全かつ効果的に痛みを感じにくくするもので、これにより手術中の血圧上昇なども防ぐことにつながります。右側が終了したら、左向きに体位を取り直しますが、みなさん 眠っておられますので、覚えていないことが多いです。なお 初回手術の3週間後に行う「糸調整」は片側15分 両側30分で より簡単です。とにかく、眠っている間に行えますのでご安心ください。

 ネジの直径は1ミリと、とても小さく、これを固定するための頭皮の切開は 小指の幅分 およそ2センチで十分です。ですから 筋肉に糸を結ぶ方法やその他の方法に比べ、ネジを用いることで 頭皮の切開傷も、より小さく出来、患者様の負担は少なくなります。

【手術終了後】

手術終了と共に 麻酔を覚ますお薬を点滴から投与いたします。すると、あっという間に目が覚めます。髪の毛やお顔に付いた消毒を拭きお綺麗にして、記録写真、あるいはモニター写真を撮影します。この時点では、しっかり局所麻酔が効いていて、手術直後は痛みはまったくありませんのでご安心ください。お顔ですが、術直後は強い引き上げで、良い意味でも、逆の意味でも、かなりシャープなフェイスラインになります。また、個人差はありますが、側頭部からこめかみ辺りが注入して残っている麻酔液と引き上げた皮膚がここに集まることで、ぷっくと膨らみます(この部分は髪の毛に隠れます)。このことが少し お顔を逆三角形に見せ、不安に思われる方がいらっしゃいますが、ご安心ください。直後の状態は 勿論、最終的な仕上がりの状態ではありません。チタンペックリフトの引き上げ論理は ちょうどアイススケートの靴ひもを結ぶこととよく似ています。つまり、初めはかなり強く結び、履いている間に徐々に馴染み、いずれ 最適な締め具合になってくるのです。勿論 この引き上げ効果の強い、直後のお顔を鏡で見て、感激される患者様も多くいらっしゃいます。患者様は、手術終了後、しばらくお部屋でゆっくりしていただき、30分もすれば、ご帰宅可能です。新幹線、飛行機も当日可能です。なお 次の来院は 3週後の糸調整の日となります。それまで、御来院は不要です。また、洗髪は

術後48時間経てば可能です。創部が濡れたら、ドライヤーで乾かしてください。

【帰宅後】

術後3-4時間で、引き上げ部の局所麻酔が切れ、徐々に痛みが出てきます。痛みは当日夜から翌日朝までで、さほど長く続きません。痛みの程度・持続も、チタン開発当初に比べ、随分軽くなりました。それは、糸の種類、通し方、皮膚と下の組織の剥離法・範囲に改良を重ねた結果です。痛みは、帰宅時にお渡しする鎮痛薬の頓用でコントロール出来ます。また痛みのあるこめかみ部分を冷やすと痛みは軽くなります。

 お顔の腫れが出るのは 個人差もありますが 翌日 または翌々日です。その際、引き上げたフェイスラインは腫れたり内出血は出ません。腫れが出るのは、糸を通したこめかみ部分です。これは、この部分に皮膚を剥離するために用いた麻酔液や血液が貯まっていて、降りてくるからです。このころは、逆に痛みは、もう少なくなっていますから、積極的に冷やさなくても良いです。眠るときは、半座位程度にすると、内出血がお顔に降りず、首の方に流れる傾向があり助かります。術5日を過ぎると腫れもひいて行き、1週間後には適度に張りがありながらフェイスラインは引き上がり、10日後には、嬉しくて、他人にお顔を見せたくなります。ただ 3週後が近づくと、直後の引き上げを10とすると6くらいに戻り(馴染み)を見せます。これは、術翌日から数日生じた腫れにより、引き上げた糸が「伸ばされ」糸に アソビが出来たことが原因です。そして、このタイミングに2度目の手術「糸調整」を行います。なお、この頃には、術直後、ぷっくり膨らんでいたこめかみも、かなり落ち着きますが、人によっては、耳の前・もみあげ部分の皮膚に、若干のたわみ(よれ)がまだあります。

【糸調整】

この糸調整は、今ではチタンペックリフトを行う全ての方に、初回手術から3週後に行っています。方法は 前回と同じ傷を切開し、チタンのネジに掛けてある糸の緩み(アソビ)を確認し、ネジの位置を、少しずらし、再び糸を、ピンと引き上げるのです。この時、極端な引き上げを行うと再び頭皮、お顔は腫れ、また糸が伸びてしまいますので、無理をせず、ベルトの穴を一つ締め直すように、アソビを取るようにするのです。これにより、一旦6くらいに戻っていたお顔が8くらいまであがります。この糸調整は30分ほどで出来、やはり麻酔は初回同様、静脈麻酔で、痛みは抑えます。糸調整直後は、初回と違い、その時点で適度な引き上げとなり、こめかみ部分の膨らみも目立ちません。やはり直後からお化粧も出来、そのまま、サングラスやマスクは無く、お帰りになれます。糸調整を行った後、創の抜糸は10日~14日目が目安です。

【その後の経過 メインテナンス】

先にも述べましたが、チタンペックリフトは、糸とネジを使って、引き上げたお顔の皮膚、頭皮を癒着させて(くっつけて)しまう治療で、通常 その癒着は3-4ヶ月で完成します。ですからその3-4ヶ月、如何に頭皮、お顔の皮膚が戻らないよう、高い位置で維持できるかが、効果の大きさにつながります。平均的には手術直後の引き上げを10とすると7程度維持するとお考えください。手術して3ヶ月くらいは、フェイスラインを下から上に引き上げるようなマッサージを、朝夕行うと有効です。また 私のリフトアップクリームや、ボトックスリフトを併用することも良い治療です。

 髪は普通に洗えます。カラーリングも糸調整後2週間くらいで可能です。ネジを入れてある部分は、個人差はありますが、角のようにぽっこり盛り上がることはありません。また2センチほどの創も、ほとんどの方が判らなくなるほどになります。美容室で洗髪しても、手術したことは解らないのが通常です。

 なお、患者様によっては2-3ヶ月後、ご希望があればもう一度、念を押して糸調整を再度行わせていただいております。

 3-4ヶ月で一旦付着した皮膚、頭皮は、仮に糸やネジを取り除いても、基本的に戻らず、維持されます。それはちょうど、歯の矯正で、器具を取り外すことと似ています。

 ただし、チタンペックリフトの特徴の一つである「再引き上げ」治療(すなわち、チタンペックリフトをお受けになった患者様は、将来、年齢によるお顔のたるみが現れた時でも、ひとたび入れた糸やネジを使って、初回と同じ頭皮の小さな創だけで、何度でも、簡単に、お顔を引き上げる)を、活かすことが出来なくなります。ですから、私の患者様のほとんどが、糸もネジも、そのまま量打ちしております。

 因みに、一種のメインテナンスともいえる、再引き上げのタイミングですが、それは患者様にお任せしております。目安としましては3年に一度程度とお考えください。料金は25万円程度です。

糸調整 または 再引き上げの イメージ(下図)

なお チタン製のネジを骨に固定することに対し
不安を抱く患者様がおられるかとは思いますが、
チタンは金属でありながら、

非常に人間の組織と適応性、親和性が高いことで知られます。

日本の脳神経外科では 開頭手術で頭蓋骨を固定する際、
私が 今回採用している このメーカーの同一チタン製ネジを
数十年前から 連日 全国各施設で 使用しております。

アレルギー反応や感染症を引き起こすこと可能性は
非常に小さく、極めて安全なものです。

それどころか、チタンにはそれ自体に抗菌作用、殺菌作用があることが知られます。手脚の人工関節の多くが、このチタン製なのです。

特に今回用いるものは、
脳外科手術で骨を固定するために用いるものと同一
(PSM: Titanium bone crafting system)であり、

強度や安全性は、非常に高くなっています。

そして 通常の金属とは違い、
CTスキャンやMRIなどの諸検査を受ける際も、全く支障がありません。

脳ドックを受けたり、仮に脳のご病気ななられた際も、
諸検査、治療には なんら差し支えありません。
空港の金属検査にもかかりませんので ご安心ください。

ネジの頭部分はほぼ骨に埋まること、
そして それを覆う筋肉や頭皮は 
合わせると2センチ近くあります。

ですから 通常は ネジ固定部の頭皮が
ネジに押されて 明らかな 盛り上がりを
創ることは ありません。

つまり 頭の傷部分が 明らかに出っ張ることもないのです。

以上 今回は タンペックリフトをお考えの方に、術前、術当日、術後、その後の経過、フォローにつきまして ご説明させていただきました。これらは、カウンセリング時、私が患者様にお話しする内容の一部です。ご参考になれば幸いです。

次回は 今現在 第5世代ともいえる
チタンペックリフトの 変遷について
この4年間で 行って来た 進化・改良点を お話しいたします。

この治療について さらに詳しく知りたい、
あるいは 私の施術を受けてみたいと 興味をお持ちの方は、
是非 SOグレイスクリニック  フリーダイアル
0120-0480-74までカウンセリング予約のお電話をくださるか

HPより マイページログインされ
オンラインカウンセリング予約をお入れください。

お待ち申し上げます。

近藤惣一郎

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン! 予約受付中! 0120-0480-74

ザ・ベストハウスにも登場 DR近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

五畳半の狼・第342回放送分

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に


Comments are closed