症例フォトギャラリー

No.1166:目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

2011.06.02

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り は 目の下の皮膚は切りません。

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 若いのに 目のクマが悩みでした。

 

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。

 

右写真は TCB 手術直後の お写真です。

 

私の治療は お顔には 一切傷は出来ません。

それでも 効果がしっかりとした 外科治療です。

 

直後でも このように 内出血や 腫れは 基本的にありません。

他人には 治療したことは 知られず お綺麗になれます。

 

ひとつ前の 症例写真では

この患者様が 3週後ラディエッセ注入を 終え

1ヶ月が 経過した状態も 掲載されています。

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば

その方の目の下が

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

No.1165:目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術2ヶ月後 症例写真

2011.06.02

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 若いのに 目のクマが悩みでした。

 

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。 右は 治療 2ヶ月後です。

 

膨らみと 凹みが 解決され

とても 活き活きとした 目の下になりました。

 

私の治療は お顔には 一切傷は出来ません。

それでも 効果がしっかりとした 外科治療です。

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って 

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け 

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで 

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを 

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば 

その方の目の下が 

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の 

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で 

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は 

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の 

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを 

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

No.1164:目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術2ヶ月後 症例写真

2011.06.02

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り は 目の下の皮膚は切りません。

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 若いのに 目のクマが悩みでした。

 

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。 右は 治療 2ヶ月後です。

 

膨らみと 凹みが 解決され

とても 活き活きとした 目の下になりました。

 

私の治療は お顔には 一切傷は出来ません。

それでも 効果がしっかりとした 外科治療です。

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って 

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け 

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで 

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを 

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば 

その方の目の下が 

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の 

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で 

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は 

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の 

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを 

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

No.1159:目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。DR近藤オリジナル TCB-R法 症例写真

2011.05.22

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り は 目の下の皮膚は切りません。

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 40分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 若いのに 目のクマが悩みでした。

 

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。 右は 治療 3週後です。

 

膨らみと 凹みが 解決され

とても 活き活きとした 目の下になりました。

 

私の治療は お顔には 一切傷は出来ません。

それでも 効果がしっかりとした 外科治療です。

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って 

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け 

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで 

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを 

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば 

その方の目の下が 

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の 

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で 

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は 

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の 

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを 

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

No.1158:目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 症例写真

2011.05.22

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り は 目の下の皮膚は切りません。

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 40分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 若いのに 目のクマが悩みでした。

 

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。 右は 治療 3週後です。

 

膨らみと 凹みが 解決され

とても 活き活きとした 目の下になりました。

 

私の治療は お顔には 一切傷は出来ません。

それでも 効果がしっかりとした 外科治療です。

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って 

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け 

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで 

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを 

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば 

その方の目の下が 

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の 

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で 

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は 

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の 

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを 

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

No.1157:レディエッセのプチ整形:たった数分で低い鼻、太い鼻、小さなアゴ 自由自在に変えて小顔・モデル顔!

2011.05.22

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

美容外科は 手術だけを行う分野ではありません。

お注射によるプチ整形、美容スキンケアにも

SOグレイスクリニックは 手術同様に力を入れ

常に 患者様に 負担が少なく かつ 効果的な 治療を

提供できるよう 取り組んでおります。

ラディエッセ(レディエッセ)注入や ご自身の血液からつくるPPP-GEL注入療法も その一つです。

 

ラディエッセなら 顎や お鼻の形が 自由自在です。

 

この患者様は  1本のラディエッセを 

アゴとお鼻に分けて 注入いたしました。

右は注入直後の写真です。

 

直後ですが 丁寧な注入で このように 内出血は 基本的に生じません。

 

腫れは 多少ありますが 

直後でも この程度ですから

メイクで 十分 カバーできますね。

 

お鼻は 鼻根部だけを高くするのではなく

鼻尖から鼻筋を スッと 通すと

このように 自然で 洗練された お顔立ちになれます

 

また  この方の場合 アゴを少し出し 尖らすとともに

アゴの脇 口角部分の凹みを 修正することで

綺麗な フェイスラインとなりました。

 

お顔全体のバランスも良くなり お鼻と相まってより

痩顔 小顔効果が 現れたモニターさんです。

 

注入はほんの数分です。経験ある医師が注入すれば

ご覧のように 内出血は直後から生じず 当日からメイクしてお出かけも可能です。

ラディエッセの主成分・ハイドロキシアパタイトは およそ一年で吸収され

逆に ご自身のコラーゲンがこれに置き換わり、およそ3割が 持続します。

 

その安全性は 米 FDAでも 認められ

アクアミドや エンドプロテーゼとはまったく違った

自己再生医療の観点に立った極めて 優れた 注入物質 それが ラディエッセなのです。

ラディエッセ注入の詳細は こちら!!

 

長年の憧れの鼻 顎 が

たった数分の処置で 貴女のものになります。

 

なお PPPーGELと ラディエッセ注入の使い分けなどもい含め

カウンセリングで くわしく ご説明いたします

 

是非 0120-0480-74(東京 大阪共通) にて

SOグレイスクリニック 私の カウンセリング予約を

お電話にて おとりください

 

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

HAP c&N 2.jpg

HAP c&n 6.jpg

No.1156:レディエッセのプチ整形:たった数分で低い鼻、太い鼻、小さなアゴ 自由自在に変えて小顔・モデル顔!  

2011.05.22

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

美容外科は 手術だけを行う分野ではありません。

お注射によるプチ整形、美容スキンケアにも

SOグレイスクリニックは 手術同様に力を入れ

常に 患者様に 負担が少なく かつ 効果的な 治療を

提供できるよう 取り組んでおります。

ラディエッセ(レディエッセ)注入や ご自身の血液からつくるPPP-GEL注入療法も その一つです。

 

ラディエッセなら 顎や お鼻の形が 自由自在です。

 

この患者様は  1本のラディエッセを 

アゴとお鼻に分けて 注入いたしました。

右は注入直後の写真です。

 

直後ですが 丁寧な注入で このように 内出血は 基本的に生じません。

 

腫れは 多少ありますが 

直後でも この程度ですから

メイクで 十分 カバーできますね。

 

お鼻は 鼻根部だけを高くするのではなく

鼻尖から鼻筋を スッと 通すと

このように 自然で 洗練された お顔立ちになれます

 

また  この方の場合 アゴを少し出し 尖らすとともに

アゴの脇 口角部分の凹みを 修正することで

綺麗な フェイスラインとなりました。

 

お顔全体のバランスも良くなり お鼻と相まってより

痩顔 小顔効果が 現れたモニターさんです。

 

注入はほんの数分です。経験ある医師が注入すれば

ご覧のように 内出血は直後から生じず 当日からメイクしてお出かけも可能です。

ラディエッセの主成分・ハイドロキシアパタイトは およそ一年で吸収され

逆に ご自身のコラーゲンがこれに置き換わり、およそ3割が 持続します。

 

その安全性は 米 FDAでも 認められ

アクアミドや エンドプロテーゼとはまったく違った

自己再生医療の観点に立った極めて 優れた 注入物質 それが ラディエッセなのです。

ラディエッセ注入の詳細は こちら!!

 

長年の憧れの鼻 顎 が

たった数分の処置で 貴女のものになります。

 

なお PPPーGELと ラディエッセ注入の使い分けなどもい含め

カウンセリングで くわしく ご説明いたします

 

是非 0120-0480-74(東京 大阪共通) にて

SOグレイスクリニック 私の カウンセリング予約を

お電話にて おとりください

 

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

HAP c&N 2.jpg

HAP c&n 6.jpg

No.1152:目の下の凹み、凹みが原因の目の下のクマでお悩みの方に:脂肪幹細胞注入で簡単に解決!

2011.05.13

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

 

新しいボトックスの活用法 「ボトックスリフト」で お顔のリフトアップ!

 

私のクリニックには 毎日全国から 目の下のご相談、治療で 沢山の方々がご来院されます。

その中で、ごお悩みが目の下の凹み、凹みラインが原因のクマの場合、この部位に御自身の脂肪組織を注入する脂肪幹細胞注入や、ハイドロキシアパタイトフィラー・ラディエッセ注入、または 自分の血液から作るジェル、PPPジェルなどをご紹介し、お一人お一人に最適な注入治療を行っております。(膨らみ・たるみであれば「切らない目の下のたるみ取り:TCB」が適応になります)

今日のブログでは、ご自身の組織であるということから安心感も高く、また 注入後の定着率、持続性にも優れた SOグレイスクリニックの 「コンデンス脂肪幹細胞注入療法」を ご紹介いたします。

  • 目の下の皮膚は非常に薄く、透明なゼリーのようなヒアルロン酸は凹みを盛り上げても、光の反射吸収が周囲の組織とことなり皮膚が薄い目の下ではクマ状の凹みラインは消えず、また薄い皮膚は異物と接することで、将来的にしわや弛みが出てくる危険があります。


    凹 みを何でもよいので盛り上げればよいと言う単純な発想ではなく、組織学的な考慮が注入の治療でも必要なのです。まず、脂肪注入ですが、本来、お顔の皮膚の 下・つまり皮下組織はこの脂肪と結合組織(コラーゲン)が中心になります。ですから自身の脂肪を注入して凹みを盛り上げることは、生理的で理にかなってい ます。

    経験とセンスある医師が丁寧な注入を行えば、内出血は基本的に生じず、モニター様のような、美しく活き活きとした目元が取り戻せます。術後の腫れも2-3日とお考えください。

     

    コンデンス脂肪幹細胞注入法

  • 方法

    まず、御自身の太もも(あるいはおへそ)に 2ミリほどの小さな切開を設け、そこから脂肪を吸引して採取します。静脈麻酔で眠った状態で行いますので、怖くありませんし、局所麻酔も併用いたしますので痛くありません。採取部位のキズは1針縫い、1週間後に抜糸いたします。

    採取した脂肪を遠心分離器にかけ濃縮し、その中でも注入部位で後に増殖できる脂肪幹細胞を分離し、目の下の凹みに、丁寧かつ慎重に注入するのです。お顔には細い針でブロック麻酔を致しますので、無痛です。針の挿入部位は左右一カ所のみです。刺入部にはテープも要らないほどです。因みに下記写真は、術直後の状態です。採取から注入まで所要時間は全部で30分足らずです。

    ATCO ri .JPGATCO ri post .JPG

     

     

     

     

     

     

    ATCO ri lt .JPG

    ATCO ri lt post .JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    注入脂肪の定着率・その後の変化

    一般の方に 多くみられる誤った考え方に、脂肪はヒアルロン酸などとは異なり「自分の脂肪であれば、注入後永久に定着、残存する」というものです。 実際は自分の脂肪であっても、血液が通わないと注入脂肪は その場所では生きて行けません。

    つまり、徐々に吸収されて行きます。一般的には、はじめ注入した量を10とすればその3−4割の量が保たれると言われています。さらに注入した脂肪そのも のが残るのではなく、その脂肪の周りに 自分の結合組織(=コラーゲン)が集まり、それが脂肪と共存しボリュームを保つと考えられます。


    ただし、今回当院が 取り入れたシステムでは 注入後 その部位で増殖能力のある「脂肪幹細部」を効率よく採取注入できますので、 従来の脂肪注入に比べ、注入後のボリューム減少率はかなり改善され、5割以上の定着率を得ております。

    また 再注入、追加注入は 基本的に何度でも可能です。

    「ヒアルロン酸やラディエッセ注入ではなく 自分の体の組織から得た脂肪なら 安心!」という考えの方にはお勧めの治療です。

  • 御料金

    目の下 定価 400.000円のところ 只今 非常に お値打ちなキャンペーン実施中です
    キャンペーン価格 248000円 (モニター228.000円)(麻酔代金 3万円 別)

    初回より1年間  追加注入は 1回 148.000円で行えます。

No.1151:目の下の凹み、凹みが原因の目の下のクマでお悩みの方に:脂肪幹細胞注入で簡単に解決!

2011.05.13

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

 

新しいボトックスの活用法 「ボトックスリフト」で お顔のリフトアップ!

 

私のクリニックには 毎日全国から 目の下のご相談、治療で 沢山の方々がご来院されます。

その中で、ごお悩みが目の下の凹み、凹みラインが原因のクマの場合、この部位に御自身の脂肪組織を注入する脂肪幹細胞注入や、ハイドロキシアパタイトフィラー・ラディエッセ注入、または 自分の血液から作るジェル、PPPジェルなどをご紹介し、お一人お一人に最適な注入治療を行っております。(膨らみ・たるみであれば「切らない目の下のたるみ取り:TCB」が適応になります)

今日のブログでは、ご自身の組織であるということから安心感も高く、また 注入後の定着率、持続性にも優れた SOグレイスクリニックの 「コンデンス脂肪幹細胞注入療法」を ご紹介いたします。

  • 目の下の皮膚は非常に薄く、透明なゼリーのようなヒアルロン酸は凹みを盛り上げても、光の反射吸収が周囲の組織とことなり皮膚が薄い目の下ではクマ状の凹みラインは消えず、また薄い皮膚は異物と接することで、将来的にしわや弛みが出てくる危険があります。


    凹 みを何でもよいので盛り上げればよいと言う単純な発想ではなく、組織学的な考慮が注入の治療でも必要なのです。まず、脂肪注入ですが、本来、お顔の皮膚の 下・つまり皮下組織はこの脂肪と結合組織(コラーゲン)が中心になります。ですから自身の脂肪を注入して凹みを盛り上げることは、生理的で理にかなってい ます。

    経験とセンスある医師が丁寧な注入を行えば、内出血は基本的に生じず、モニター様のような、美しく活き活きとした目元が取り戻せます。術後の腫れも2-3日とお考えください。

     

    コンデンス脂肪幹細胞注入法

  • 方法

    まず、御自身の太もも(あるいはおへそ)に 2ミリほどの小さな切開を設け、そこから脂肪を吸引して採取します。静脈麻酔で眠った状態で行いますので、怖くありませんし、局所麻酔も併用いたしますので痛くありません。採取部位のキズは1針縫い、1週間後に抜糸いたします。

    採取した脂肪を遠心分離器にかけ濃縮し、その中でも注入部位で後に増殖できる脂肪幹細胞を分離し、目の下の凹みに、丁寧かつ慎重に注入するのです。お顔には細い針でブロック麻酔を致しますので、無痛です。針の挿入部位は左右一カ所のみです。刺入部にはテープも要らないほどです。因みに下記写真は、術直後の状態です。採取から注入まで所要時間は全部で30分足らずです。

    ATCO ri .JPGATCO ri post .JPG

     

     

     

     

     

     

    ATCO ri lt .JPG

    ATCO ri lt post .JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

    注入脂肪の定着率・その後の変化

    一般の方に 多くみられる誤った考え方に、脂肪はヒアルロン酸などとは異なり「自分の脂肪であれば、注入後永久に定着、残存する」というものです。 実際は自分の脂肪であっても、血液が通わないと注入脂肪は その場所では生きて行けません。

    つまり、徐々に吸収されて行きます。一般的には、はじめ注入した量を10とすればその3−4割の量が保たれると言われています。さらに注入した脂肪そのも のが残るのではなく、その脂肪の周りに 自分の結合組織(=コラーゲン)が集まり、それが脂肪と共存しボリュームを保つと考えられます。


    ただし、今回当院が 取り入れたシステムでは 注入後 その部位で増殖能力のある「脂肪幹細部」を効率よく採取注入できますので、 従来の脂肪注入に比べ、注入後のボリューム減少率はかなり改善され、5割以上の定着率を得ております。

    また 再注入、追加注入は 基本的に何度でも可能です。

    「ヒアルロン酸やラディエッセ注入ではなく 自分の体の組織から得た脂肪なら 安心!」という考えの方にはお勧めの治療です。

  • 御料金

    目の下 定価 400.000円のところ 只今 非常に お値打ちなキャンペーン実施中です
    キャンペーン価格 248000円 (モニター228.000円)(麻酔代金 3万円 別)

    初回より1年間  追加注入は 1回 148.000円で行えます。

No.1150:ザ・ベストハウス123でベスト1選出 脳外科医が行うお顔のリフトアップ チタンペックリフト 術直後写真

2011.05.13

  • 施術前
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真
  • 施術後
    目の下のたるみ、目のくまでお悩みの方、切らずに完璧に解決します。TCB-R法 手術直後 症例写真

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

人気掲載! DR 近藤 心のブログ

施術/治療料金 一覧   (切らない目の下のたるみとり お値うちになりました!)

 お顔なら何カ所でも何CCでも 同一料金で注入できます: DR近藤 美創りPPPスペシャル 

pppバナー.jpg

 

只今 

「DR近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみとり」10万円キャッシュバックキャンペーン中!

詳しくは キャンペーン情報を!!

 

DR 近藤ブログ

「目の下のクマ・たるみでお悩みの方、必見!:ダウンタイムはありません、

脳外科専門医が行う「切らない目の下のクマ・たるみとり 自己再生TCB」

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ 「Grace 脂肪燃焼メソセラピー」

 

私がプチ整形で自信を持ってラディエッセを用いる根拠

 

新しいボトックスの活用法 「ボトックスリフト」で お顔のリフトアップ!

 

 

チタンペックリフトは 20代から70代 幅広い年齢層の皆様に提供させていただいております。

患者様は30代のお綺麗な方です。

 

フェイスラインと目尻のたるみが悩みでした。

 

顔を切ったりすることには

ためらいがあり お顔にはメスを入れない

またお顔自体には 糸も入れない

頭皮を引き上げる 私のオリジナル

「切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト」を

ご希望されました 

 

右は 手術直後写真です。

 

フェイスラインがすっきり、お顔全体が引き上がり

若々しく 小顔効果が 即 現れます。

 

この方の 本来の美しさを引き出します。

 

過去に 切開するフェイスリフトや

他の糸による 引き上げ術を 行っておられても

チタンペックリフトは お受けになれます。

 

お顔にメスを入れない中で 一時的に生じる 手術後の腫れ、内出血が お顔の皮膚の再生作用にスイッチを入れ、

単純な外科手術効果のみでなく 内在的に皮膚が若返る作用を引き出していると考えるのです。

お顔は切りません お顔に糸も通しません。扱うのは頭皮のみです。

 

術直後でも このような仕上がりで

 サングラスも マスクも 基本的には 不要です。

 

手術時間は 1時間ほど、

麻酔で 眠って行えますし 勿論 痛みは ありません。

 

術翌々日ほどから 3-4日ほど 腫れが出る方もおられますが

5日ほどで 腫れも引き 術直後同様

お綺麗になります。

 

お顔には キズは出来ません。

お顔には 糸も入れません。

 

チタンペックリフトは 脳外科専門医の私が 患者様と創り上げた 世界でたった一つの手術なのです。

チタンペックリフト クイックチタンペックリフトの詳細は こちら!!

——————-

私の美容外科は 手術を することが 目的ではありません。

これだけ 沢山の 情報が 溢れる中で

私と 私の施術 治療に 信頼を置き
私を 選んで 訪れていただける
お一人 お一人が

素敵に そして 綺麗になっていただくことが

私の 美容外科・美容医療 の 目的です。

「お顔の皮膚を 切らない中での 若返り」

それが 実現できれば
患者さんにとって 最高です。
たとえば お顔のたるみや 目の下のたるみなど
一見 メスを入れ 皮膚を切り取って 縫い合わせれば
自由自在 思い通りになると 考えがちです。

しかし 人間の皮膚は 布や紙のように 単純なものではありません。

そこには 何万という生きた細胞が 圧力や温度 湿度 血流などを感じ取り
様々な伝達物質 シグナルを相互的に 伝達し合いながら 自らにとって 最も最適な状態 状況を 常に 積極的に 創り出そうと努力しています。

それは 程度の差はあれ 加齢が加わった皮膚でも しっかり行われているのです。

お顔や 目の下を切開することの 罪悪・デメリットは
「傷が出来る」という 医学的に素人の方でも理解できる単純なことだけではなく
細胞学・組織学的に 皮膚が本来持っている素晴らしい機能(伸展能力、保湿能力、防加齢能力など)を弱らせてしまい、一時的に皮膚がピンと張り詰めても、 結果的 将来的に、より大きなシワ、たるみを もたらす可能性もあるのです。

「お顔の皮膚を 切らない中での 若返り」 それは 決して 外科医師として
消極的な治療ではありません。

人間の皮膚を 組織学的 細胞学的に考えた上での 深い治療であり その自己再生能力を引き出すための 治療なのです。

因みに 後述の 「切らないお顔の引き上げ術:チタンペックリフト」「切らない目の下のクマ・たるみ取り:自己再生TCB」「切らない小顔術:プラズマレーザーメソセラピー」などは お顔には 切開創は作りませんが 積極的な外科治療です。

人間の皮膚および その周辺組織が本来持ち合わせる、自己調整、自己再生能力を活かし、組織学的な負担 侵襲を抑えた21世紀の 美容医療

それが 私が目指す 美容医療 「MIAS」なのです。