ドクターブログ

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術 ③:高い効果と安全性、腫れや痛みを抑えるために重ねたバージョンアップ

2011.06.28

TPLスライド5.jpg

TPLスライド15.jpg

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

TPLスライド9.jpg

TPLスライド16.jpg

 

こんにちは 皆さん

 

今回は 6月12、18日のブログ同様

一昨年 フジテレビ 「ベストハウス123」にて

若返り美容外科治療 ベスト1に選んでいただいた

脳外科医としての知識と経験を 美容外科医療に応用した

お顔のたるみ・シワとり手術

DR近藤オリジナル 切らないお顔のリフトアップ術

「チタンペックリフト」に関する 総まとめです。

 

チタンペックリフトは 糸で行う他のスレッドリフトとは 仕組みも異なり、

切開するフェイスリフトの効果を、傷を創ることなく目指し、

糸やネジを取り除きたければいつでも抜去できる可逆性、

それに加え 将来のたるみに対し、少ない負担で何度でも再引き上げを行える工夫など、

数々のオリジナリティーを盛り込んだ リフトアップ治療なのです。

 

チタンペックリフトは

2007年創案、施術を開始して 4年ほどになります。

おかげさまで この治療をお受けになった方は

300名を超えるほどになりました。

 

安全かつ効果的に お顔のたるみ シワを

改善しようと 元来脳外科医の私が、その知識と技術を基に

考え出し 施術を行って参りました。

 

しかし 美容外科治療に限らず

どのような事でも その時点で最良・最善と考え行うことであっても

やはり 完全・完璧という事はなく

その時 その時点での 結果を評価し

さらによい結果をもたらす可能性がある点が見つかれば

前向きに これを 改善すべきだと考えます。

 

私は この4年間

治療をさせていただいた お一人お一人の結果・変化

(お顔の引き上がりの程度、持続は勿論、

術後に生じる 腫れや 痛み 内出血 頭皮内の傷、毛髪の状態など)

を観察し、

 

より安全で確実な若返り効果を 皆さんにもたらすために

改良・改善すべき点が見つかれば

その都度 妥協無く 方法に変化を加えて参りました。

 

その結果

初代チタンペックリフトから 4度の 大きな改良が 行われ

2011年 春現在 第5世代 チタンペックリフトになります。

さらに 切開創の位置、縫合の仕方(縫い方)、

チタンのヘッドに糸を結びつける方法などの

小さな改良点も含めると 10段階くらいの 進歩 改良を行って参りました。

 

今回は 初代から第5世代にわたる変遷を示し

これからこの治療を お受けになろうと考えている方

既に チタンペックリフトをお受けになり

近い将来 再引き上げ治療を行うと考えておられる方も含め

一人でも多くの方にチタンペックリフトを

より 正しく理解していただければと思います。

 

チタンネジ大きさ.JPG

【段階的に 加え続けた 主な改良点】

1 糸の通し方、糸の本数、素材の工夫による自然なリフトアップ。頭皮内に出来る創の大きさ、個数の最小化(2センチの創 左右1つのみ)。

                        ↓

2 単なる引きつれでなく 本当の引き上げを実現するため、さらには術後の痛み、腫れを減らす、頭皮・顔の皮膚の下部組織(SMAS)から剥離、その範囲の考察・実行、最良の糸素材の選択

                        ↓

3 初回引き上げ効果の結果として現れる、こめかみから 耳前に出来る 皮膚のよれ(たわみ)の早期解消と、引き上げ効果と持続力のアップ、さらには頭皮・毛髪保護のために行う ステム糸の追加

                        ↓

4 3週後に行う糸調整による引き上げ効果・持続性の向上

 

これらの 改良点が 段階的に 加えられ 今に至っているのです。以下 順を追って お話しいたします。

ーーーーーーーーーー

 

1【糸の通し方、糸の本数、素材の工夫による自然なリフトアップ。頭皮内に出来る創の大きさ・個数の最小化(2センチの創 左右1つのみ)】

まず 私が この治療を始めた当初、つまり初代チタンペックリフトについてお話ししましょう。私もまずは、糸をお顔に通しそれを 側頭筋や骨膜に結びつける 従来のスレッドリフト(例・ワプトス)を参考にスタートしました。前々回のブログでお話ししたように、筋肉に結びつける方法では、「引き上げた糸の固定が不確実」なことを 改善するため、筋肉に結ぶ替わりに、私が脳外科で扱い慣れた「チタン製のネジ」を頭蓋骨に固定し、これに引き上げた糸を引っかけるものでした(下図)。また、私は、周りの美容外科医によって、ぎざぎざのトゲのような引っかかりがある特殊糸(それが溶けないもの、溶けるものいずれであっても)をお顔に通した患者様が、術後、お顔の不自然な引きつれや、長く続く内出血を生じること、また糸を取り除きたくても、トゲのような構造が抜去を困難にしていることを観察することで、「お顔自体には、安全のためにもなるべく糸を入れないようにする」こと、さらには「抜去はいつでも簡単に行える溶けないモノフラメント(編み込みではない)のシンプルな構造の糸を用いること」を重要視しました。その結果、お顔の周辺(首も含む)に入れた数本の糸を、その方に適した方向に引き上げ、チタンのネジで留める初代チタンペックリフト(その当時はチタンペックワプトスと呼んでいました)を始めたのです。しかしチタンペックワプトスは、最初の5例ほどで、問題点が浮上しました。

 

                                                                          初代チタンペックリフト(チタンペックワプトス)

TPW.jpg
それは

a  複数の糸を入れる事で、頭皮内の創が多くでき、手術時間も長くなること。

b 複数入れる糸の引き具合が難しく、また、入れた後のお顔の動きで、糸伸ばされ易い部分(例:顎周り)とそうでない部分(例:目周り)があり、時間の経過と共に 目元だけ吊り上がり気味になったり、左右差が出来ること

c 強い引き上げを行うと、お顔の糸を入れた部分の痛みと腫れがかなりあること

 

などでした。

 

結局 これらの問題点は、引き上げた糸を確実に頭蓋骨に留めるという画期的なアイデアが、逆に、お顔側の皮膚に掛かる力の調整を それだけ難しくすることで生じたものでした。

そのため 私は直ぐに この方法を見直したのです。

初代チタンペックリフトは お顔の真ん中ではありませんが、お顔の端に糸を入れ、それを頭側に引き上げ、骨に固定したネジに掛けるというもので、糸の通し方自体は直線的で、今までのスレッドリフトと大きな違いはありませんでした。(ただ 筋肉のないところでも糸を留められるので、引き上げる方向性の自由度は増しました。)つまり、筋肉に結ぶことを、ネジで留めるだけにしただけのスレッドリフトといっても良いと思います。

そこで、私は色々考えた結果、頭皮の特質を活かした特殊な糸の通し方を発想し、お顔自体には糸を通さず、頭皮にのみ糸を通して引き上げ、延いては頭皮に連続したお顔を引き上げることにしました(糸の通し方の詳細は公開できません)。この方法は、耳の上辺りの、ある程度の面積をもつ頭皮を、1本の糸を特殊な通し方を行い「線でなく 面として」引き上げるという方法です。解りやすく言うと「ポニーテール」をするように頭皮全体を引き上げるイメージです。これによりネジも左右一つずつになり、創もこれを収めるための小指幅長のものが左右一つずつになり、手術時間もとても短縮されました (下図)。これが 第2世代チタンペックリフトです。

TPLシェーマスライド1.jpg

2【単なる引きつれでなく 本当の引き上げを実現するため、さらには術後の痛み、腫れを減らす、頭皮・顔の皮膚の下部組織(SMAS)から剥離、その範囲の考察・実行、最良の糸素材の選択】

 

さて 糸の通し方を工夫することで、左右1本ずつに糸を減らすことが出来、そのことで、目元からフェイスラインをポニーテールをするように 同じ力(等張)で引き上げることが出来るようになった第2世代は、それなりに画期的な新しいスレッドリフトになりました。ただこの頃、私の中には、「手術直後」しっかり お顔を引き上げても、お顔が腫れていないこと、内出血がないことに重点を置いていました。確かに手術が終わった直後は、全く腫れや内出血もないまま、綺麗にお顔が引き上がっていましたが、当日夜からま、強い痛みが糸を通してある頭部に出て、その部位から目の周りに翌日から強い内出血が出ることが常となりました。また、強く引き上げることで頭皮への血流が減り、一時的な脱毛(後に髪は生えます)が生じることがありました。これらの現象を鑑みると、お顔の皮膚であれ頭皮であれ、その下の層にある筋肉や骨などとの癒着を剥がさなければ、強い力で引き上げても、実際皮膚は動いておらず、それは「引き上げ」ではなく「引きつれ」ているだけです。他の糸で行うリフトも同様で、切開するフェイスリフトが切開するだけでなく、皮膚とその下層の筋肉や骨などとの接合を剥離するのに比べ、糸のリフトは剥離していないことで、手術は簡単に、一見負担無く行えても、効果自体が弱かったり、術直後、腫れや痛みが無くても、当日夜から数日は痛みと内出血、引きつれが生じ易いのです。

ですから 私は 糸で行う治療であっても、皮膚とその下の組織との剥離を行い可動性を得ることが、確実で持続性のある効果と、後に訪れる痛みや腫れを減らすことにつながると考えました。

ではフェイスリフトのようにお顔の皮膚を切開していないのに、どのようにこの剥離操作を行うかというと、皮膚に設けた小さな針穴から 皮膚とその下の組織の境界に 独自の細く長い管(カニューレ)を用い、麻酔の液体を注入して、この水圧(ウオータージェット)で剥離するのです。どの程度(範囲)剥離するかというと、その範囲は結構広く、その患者様が目元を引き上げたければ、目尻横からこめかみ部分、またフェイスラインを引き上げたければ、顎近くまで剥離は及びます。お顔には切開が無くても、フェイスリフトに匹敵するこの剥離範囲の広さが、他の糸で行う引き上げ術とチタンペックリフトの大きな違いであり、確実な効果の理由の一つです。

ですから、麻酔液を注入した分、また剥離した分、術直後から多少、麻酔液と内出血の影響で、目周りからフェイスラインが膨らむように腫れる場合もありますが、これが裏返せばチタンペックリフトの効果の印です。実はこうして、確実に皮膚を剥離する第3世代チタンペックリフトは、先述した当日夜から翌日を中心に生ずる痛みや腫れ、内出血を、確実に軽減すると同時に、確実な引き上げ効果を実現することに成功したのです。また、引き上げに用いる糸も、2世代までは引き上げが戻りにくいことに重点を置き、伸びにくい硬めの糸を用いておりましたが、痛み、内出血軽減、頭皮、毛根保護のため、頭皮およびお顔の皮膚に腫れが出た場合、適度に伸びてくれる、柔軟性のある素材に変更しました。このことが、更に、術後の腫れ、痛みを軽減することになりました。

チタン体位.JPG

また 手術中の患者様の体位も ご覧の様に ソファーで横になって休むような形にすることによって、患者様の負担が無く、麻酔がより効きやすく 鎮静 鎮痛効果を高めることにつながりました。

3【初回引き上げ効果の結果として現れる、こめかみから 耳前に出来る 皮膚のよれ(たわみ)の早期解消と、引き上げ効果と持続力のアップ、さらには頭皮・毛髪保護のために行う ステム糸の追加】

 

さて 2度の大きなを変化を加え 第3世代となったチタンペックリフトは、皮膚の可動性を上げた結果、従来糸による治療では難しかった顎周り・顎下まですっきり引き上げられるようになりました。ただ皮膚を切らないチタンペックリフトでは引き上げられたお顔のたるみは何処に行くかと云えば、それは側頭部(耳上)と耳前に移動する形になります。そして、この部分の皮膚、頭皮は、顔の引き上げ効果として「ぷっくり」膨らむことになります。

この膨らみ=たわみ は この後どうなるかと云えば、数ヶ月で平らになってゆきます。「それが平らになると云うことは、引き上げが戻るということでしょうか?」という御質問を受けることがありますが、そうではありません。

実は お顔の引き上げはそのままに、数ヶ月かかりながら、この膨らみは頭皮内に分散して、平らに馴染んでゆくのです。ただ、嬉しい引き上げ効果の現れである「たわみ」はほとんど髪に隠れる部分なのですが、どうしてもその下端は、耳介の付け根の一番上の前(もみあげ部分の上)になり、この部分は、個人差はありますが、しばらく皮膚がたわんだ様になります。

みずもとたわみ.jpg

 

写真は手術2週後の一例です。創はできないものの、このたわみがしばらく続き、患者様にはヘアースタイルもしばらく制限させてしまうことが、第3世代までの問題だったのです。

そこで 私は お顔を引き上げるというより、このたわみ(よれ)を引き上げ、この問題を改善すべく、初回手術時に左右に一本づつ、直線的にこのたわみを引き上げる糸(ステム糸)を追加するように致しました。それを行うようになり、格段とこのたわみが早期から目立たぬようになりました。これが第4世代のチタンペックリフトで、写真は上のものと同じ時期、つまり手術2週後の、耳前状態の一例です。

たぐれ改良2W.JPG

なお ステム糸の追加は、このたわみを改善するのみに留まらず、他にもメリットをもたらしました。ステム糸を追加することで支持性がアップして、効果、持続性が格段とアップしました。また、従来片側1本の糸の場合に比べ、頭皮にかかる力が分散することで、糸の通り道にあたる頭皮の毛根への血流減少が抑えられ、それまで人によっては一時的、部分的に生じていた脱毛が生じなくなったことです。

 

4 【3週後に行う糸調整による引き上げ効果・持続性の向上】

 

さて ここまでで 3度の大きな改良を加え 第4世代となったチタンペックリフトは、明らかに、従来の糸で行うリフトアップ術に比べ、フェイスライン全体を引き上げる点では、その効果は強く、また顔自体に糸を入れない点でも、非常に特徴のあるものとなりました。手術直後、顔には創がないままに、本当にスッキリ、若返った患者さんのお顔は、ある意味衝撃的です。

ただ、私のチタンペックリフトは 直後のお顔が決して仕上がりではありません。お顔ですが、術直後は強い引き上げで、良い意味でも、逆の意味でも、かなりシャープなフェイスラインになります。また、個人差はありますが、側頭部からこめかみ辺りが注入して残っている麻酔液と引き上げた皮膚がここに集まることで、ぷっくと膨らみます(既述)。このことが少し お顔を逆三角形に見せ、不安に思われる方がいらっしゃいますが、ご安心ください。

 チタンペックリフトの引き上げ論理は ちょうどアイススケートの靴ひもを結ぶこととよく似ています。つまり、初めはかなり強く結び、履いている間に徐々に馴染み、いずれ 最適な締め具合になってくるのです。

ただ 生体は無理な力を加えれば、必ず腫れという現象を生じます。 お顔の腫れが出るのは 個人差もありますが 翌日 または翌々日です。その際、引き上げたフェイスラインには腫れたり、内出血は出ません。腫れが出るのは、糸を通したこめかみ部分です。これは、この部分に皮膚を剥離するために用いた麻酔液や血液が貯まっていて、降りてくるからです。術5日を過ぎると腫れもひいて行き、1週間後には適度に張りがありながらフェイスラインは引き上がり、10日後には、嬉しくて、他人にお顔を見せたくなります。ただ 3週後が近づくと、直後の引き上げを10とすると6くらいに戻り(馴染み)を見せます。これは、術翌日から数日生じた腫れにより、引き上げた糸が「伸ばされ」糸に アソビが出来たことが原因です。ある意味このととは、先にも述べた「馴染み」であり、お顔の引き上がりも自然ではあります。

ただ、先にも述べましたが、チタンペックリフトは、糸とネジを使って、引き上げたお顔の皮膚、頭皮を癒着させて(くっつけて)しまう治療で、通常 その癒着は3-4ヶ月で完成します。

3週後でこの状態ですと 完成の3,4ヶ月後には、さらに馴染み=戻りが生じてしまいます。第4世代までは、基本的にはそれに甘んじ、初めの引き上げの半分程度の効果を持続させることを考えていました。

しかし、よくよく考えると、この戻り現象の最大の原因は、徐々に生じるものではなく、初回手術後数日で生じた腫れにより 糸が伸ばされることにあるということにたどりつきました。ですから 私は腫れが落ち着き、未だ癒着が生じていない術後3週から1ヶ月以内に、再度同じ創を切開し、この伸びの分だけ緩んだ糸を、ネジの位置を遠位にずらすことで、ピンと張り、再び頭皮、延いては顔の皮膚を高位に引き上げる工夫を行うようにしました。それが、現在の第5世代チタンペックリフトであり、全ての皆さんにこの糸調整を行うようにしたのです。なおこの糸調整は初回の時のように強く引き上げるものでなく、イメージ的には緩んだベルトを、穴一つ分締め直す感じです。ですから、腫れを生じることはありません。そして、引き上げた皮膚、頭皮を残り2,3ヶ月で、少しでも高い位置で癒着させることを狙うわけです。

平均的には手術直後の引き上げを10とすると7程度維持するとお考えください。なお、患者様によっては2-3ヶ月後、ご希望があればもう一度、念を押して糸調整を再度行うことも最近はじめました(再糸調整)。いずれこれがスタンダードになればチタンペックリフトは 第6世代となる予定です。

3-4ヶ月で一旦付着した皮膚、頭皮は、仮に糸やネジを取り除いても、基本的に戻らず、維持されます。それはちょうど、歯の矯正で、器具を取り外すことと似ています。取り外しに必要な時間は左右で30分ほどです。簡単に行えます

ただし、チタンペックリフトの特徴の一つである「再引き上げ」治療(すなわち、チタンペックリフトをお受けになった患者様は、将来、年齢によるお顔のたるみが現れた時でも、ひとたび入れた糸やネジを使って、初回と同じ頭皮の小さな創だけで、何度でも、簡単に、お顔を引き上げる)を、活かすことが出来なくなります。ですから、私の患者様のほとんどが、糸もネジも、そのまま留置しております。

TPL シェーマスライド3.jpg

そして この再引き上げの方法も やはり 経験を重ねるなかで常により高い効果と少ない負担を目指し かなり 進歩して参りました。

チタンペックリフトを お受けになった方で、再引き上げや 糸やネジの抜去などを お考えの方は ご遠慮無く 当院まで ご連絡ください。 

 

ネジの頭部分はほぼ骨に埋まること、

そして それを覆う筋肉や頭皮は 

合わせると2センチ近くあります。

 

TPL シェーマスライド2.jpg

 

qTPLスライド1.jpg

 

 

 

qTPLスライド2.jpg

 

以上 創案してから4年間、初代から現在の第5世代そして第6世代に移ろうとしている

私のオリジナル 切らないお顔のリフトアップ治療 チタンペックリフトについて ご説明いたしました。

 

チタンペックリフトは 糸で行う他のスレッドリフトとは 仕組みも異なり 

まさに 切開するフェイスリフトの効果を、傷を創ることなく目指し、

糸やネジを取り除きたければいつでも抜去できる可逆性、

それに加え 将来のたるみに対し、少ない負担で何度でも再引き上げを行える工夫など、

数々のオリジナリティーを盛り込んだ リフトアップ治療なのです。

 

チタンペックリフトにご興味のある方、

また 既に施術をお受けになり 再引き上げなどを お考えの方は

 

是非 お電話0120-0480-74 または 当院HP

マイページログイン から カウンセリング予約をお取りください。

 

カウンセリング時 しっかりと診察させていただき

適応の有無 手術の注意点 術後のことなど

説明し ご同意いただけた上で

手術日を 決めさせていただいております。

 

お値打ち価格で施術をお受けになることが出来る

完全モニター 目隠しモニターの審査も

この時に 行わせていただきます。

 

ご遠方の方は

事前に お顔の写真を メールでお送りいただき

 

手術の 適応を判断し

その他も メールでやりとりさせていただき

即日手術を行うことも 可能です。

 

写真は kondo@so-graceclinic.com

まで どうぞ。

 

お待ち申し上げます。

コメント (0)

レディエッセ症例数、我が国NO1 鼻・アゴのプチ整形:注入直後でも内出血ありません、腫れもこの程度です

2011.06.25

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

 

さて  5月1、7日の ブログ

「第1弾・第2弾 術直後でも腫れない、内出血のないプチ整形、美容外科:SOグレイスクリニック術直後症例写真」

にて 私が行った 手術・注入直後の お写真をいくつかを ご覧いただきました。

(ご覧になっていない方は このブログと併せ 是非 どうぞ!)

 

そして 今回のブログでは

当院の プチ整形の中でも 特に人気のある

ラディエッセ(レディエッセ)注入による お鼻・アゴの プチ整形 の

注入直後 モニター写真を ご覧いただきます。

 

お鼻も顎も 注入に要する時間は 5分ほどです。

ブロック麻酔で 注入時の 痛みは 確実に 抑えられます。

 

注入直後は 腫れて 内出血がでて 当たり前…

そんな先入観は持たず、是非 ご覧ください!

 

 

 

ラディエッセ(レディエッセ)注入による お鼻・アゴの プチ整形 

 

レディエッセによる プチ整形は  ヒアルロン酸の注入にくらべ

鼻や顎の形を自由自在に創ることができます。

また ヒアルロン酸のように 注入後 「流れ」てお鼻が太くなったりしません。

 

これは レディエッセの 粘稠度(ねばり)と弾性力が 極めて高く

盛り上げる力が強く、ずれにくいことが 理由です。

 

 

 

スライド粘稠 08.jpg

 

レディエッセの成分は ハイドロキシアパタイトというカルシウム製剤に

サトウキビから採取したジェルです。

 

レディエッセはその安全性を 米国 FDAでも 認可されている

極めて 良質な 美容フィラーなのです。

 

また 通常のヒアルロン酸が 数ヶ月で 吸収されるのに比べ レディエッセは

1年〜1年半 かけ ゆっくり 吸収されますから 持続が長いのも 特徴です。

そしてさらに 下スライドのように

 

レディエッセ組織1.jpgのサムネール画像

レディエッセ組織2.jpg

レディエッセ自体は吸収されても ハイドロキシアパタイト粒子の周りに

ご自身のコラーゲンが 新生され 緻密に 集められるのです。

 

その後残る コラーゲンのボリュームは 初めのレディエッセ注入の3割と言われています。

ですから 注入を繰り返すうちに

本当に 自分の お鼻や顎が 高く なって行くともいえるのです。

 

スライド26.jpg

スライド27.jpgのサムネール画像

 

■ 私の レディエッセ注入法の こだわり

 

ーお鼻ー

お鼻は やはり 鼻根部(目と目の間)の間を 太くしてしまうと 不自然になります。

この部分を 細く仕上げることは 基本です。

 

また その部分から上下へのつながり 移行の仕方も大切です。

お鼻を高くする ということにこだわらず 「鼻筋を通す」ことを忘れてはならないのです。

 

上方 つまり 眉間 おでこへのつながりは

その方の眉の間隔、おでこの形、そしてその方の メイク(濃いか 薄いか)

さらには大切にしたい雰囲気(派手 清楚 ナチュラル)を考慮して

形を 考えて ゆきます。

 

また 鼻根から下方向(鼻柱 鼻背)へのつながりも 重要で

この部分で 「鼻筋」を 創ります。

そうすると お鼻全体が 細く 長く 見えるように 出来るのです。

 

そして 通常 注入では 無理、難しいとされる

鼻先(鼻尖)の形の修正ですが 粘稠度 弾力性が高く 血流が確保されるレディエッセなら

かなりの確率で 鼻尖の形も 特殊な技術を用いることで 変化させることが出来るのです。

 

通常は 多い方でも 1本あれば お鼻全体の注入は完了できます。

 

なお お鼻も 顎も レディエッセを 注入する部位に 麻酔を注入して膨らませてしまうと

形を 正確に 創ることができません。

 

私は お鼻も 顎も ブロック麻酔という 簡単ですが 

とても痛みを止める効果の強い麻酔法を 使います。

 

この方法なら レディエッセを注入する部位には麻酔をしなくても

お顔全体が 痺れてしまい 痛みは まったく 感じにくくなります。

 

麻酔クリームは お鼻や 顎への注入時の 痛みには 効果は 弱すぎます。

 

患者様が 痛みを 感じれば お顔をしかめ 眉間の筋肉が動き

上手く レディエッセが注入できないこと さらには

血圧があがることで 内出血が 生じやすく なってしまいます。

 

最良の麻酔があってこそ 最良の 結果が得られるのです。

 

なお 人によっては お鼻のレディエッセ注入に 眉間の筋肉の

動きを抑えるため ボトックスを 併用することもあります。

HAPスライド1.jpg

HAPスライド2.jpg

ーアゴー

 

フェイスラインや 上顎 お鼻の張り出しなど お顔の他の部分とのバランスを診て

長さ そして 前方への張り出し が どの程度必要かを判断して センス良く 注入します。

 

アゴは 上手く 形を作れば 

びっくりするほど 小顔に見えたり、フェイスリフトをしたように痩せて見せることができます。

 

なお 顎も よほど小さな人以外は

1本あれば 綺麗な形に 仕上げられます。

 

顎の麻酔も お鼻同様 ブロック麻酔ですから 痛みは 感じません。

 

なお 顎の尖端の筋肉は 毎日 話したり 食べたりすることで 常に動きます。

ずれにくいレディエッセであっても、この筋肉の動きがあると

形が保ちにくくなったり 減りが早くなります。

 

せっかく綺麗になった顎の形を 長く持続するために

私は 顎への注入を 行った方には 必ず この筋肉の動きを抑えるように

ボトックスを レディエッセ注入を行った 顎の 筋肉に注射して

その動きを 一時的に 抑える工夫を 行っています。

 

これを行うか否かで

まったく レディエッセの 持続に 歴然なる差が生じるのです

 

 

 

HAPスライド5.jpgHAPスライド6.jpg

 

 

 

如何でしたか

今回 お見せした モニター様の写真は すべて 注入直後の写真です。

確かに ある程度の腫れがあり 顎も お鼻も

注入直後は 2-3割 大きく(高く 太く)なり 赤みもあります。

 

しかし この程度なら 十分 メイクでカバーでき

2,3日で 完成型になります。

 

内出血は まず 生じませんので ご安心ください。

 

ご希望の方は 是非

お電話 0120-0480-74 まで どうぞ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

切ったりする手術は怖いけど

注射でお鼻やチークを高くしたり
(ラディエッセ隆鼻 チーク)
糸で二重まぶたにしたり、お顔を引き上げたり
(グレイス埋没二重術、チタンペックリフト)
まぶたの裏から目の下のくま・たるみを減らす手術で
(切らない目の下のたるみ取り)

お顔に傷が出来ずに綺麗で、素敵になれるなら
やってみたいな….

そんな方は、皆さんの中にも
きっと 沢山いらっしゃるはずです。

でも やっぱり 踏み切れずにいる方の ほとんどが
「治療後どれくらい腫れたり 内出血するのか心配….」

「特に 注射や手術直後は 内出血で青あざが出来たり
腫れてサングラスやマスクが必要で
数日間は 人に会えない…. それが当たり前…」

と考えてしまっているのではないでしょうか。

確かに 手術や注入治療は 手品ではありません。
注射一つでも あるいは細い糸をまぶたに1本かけるだけでも
人の体に、何らかの変化を与えれば
その裏返しとして 腫れることは 否定できません。

今回提示した 各モニターさんでも
術直後は ハリの刺入部に赤みが出たり すこし腫れていたり
二重まぶたのライン幅が 広めに出ています。

しかし 術直後 この程度の腫れであれば
メイクで判らなくできる程度だと思います。

そして なによりも しっかり 効果が出ていますね。

手術や注入治療を行うのは 神様でなく
人である 我々 医師であり

一言で 医師と言っても
みな 年齢や経験 技術も違いますから
術後の腫れや内出血の程度 そして 仕上がりも
違ってきて当然です。

しかし、十分な解剖学的知識と
顕微鏡手術も含めた 丁寧かつ誠実な治療技術と
「内出血や腫れを最小限に留めよう」という
心と工夫が 医師にあれば

手術や治療をお受けになった当日でも
マスクやサングラスなく 帰宅できることが
基本的には 当たり前に 出来ると
私は考えており、また
それを日々の診療で 実践することを心がけております。

施術、治療直後から
すでに 内出血や腫れが大きく出て
患者さんに
「腫れや内出血が ひいたら 綺麗になれるから…」
ではなく

患者さんが 治療直後、鏡に映るご自身の顔を見て
即「綺麗になってる!」「格好良くなってる!」
と 感激して 喜んでもらえることこそ
美容外科医の醍醐味であると私は考えます。

また 手術・治療直後 一度
綺麗になっている自分のお顔をご覧になった患者さんは

その後 経過で 腫れや内出血が 仮に出たとしても
時間がたてば 治療直後の綺麗な状態に
なれるという 確信が持て
安心して 術後数日を お過ごしになれます。

ご縁をいただく 全ての患者さんの
期待にお応えし
このような感激を与えられるよう
私も 毎日 精進の積み重ねです。

お問い合わせ、カウンセリングの御予約は
フリーダイヤル 0120-0480-74 まで 是非 どうぞ!

コメント (0)

術直後でも腫れない、内出血のない二重まぶた術:SOグレイスクリニック術直後症例写真

2011.06.23

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

こんにちは 皆さん

最近 色々と忙しく ブログの更新が 遅れました。

申し訳ありません。

 

さて  5月1、7日の ブログ

「第1弾・第2弾 術直後でも腫れない、内出血のないプチ整形、美容外科:SOグレイスクリニック術直後症例写真」

にて 私が行った 手術・注入直後の お写真をいくつかを ご覧いただきました。

(ご覧になっていない方は このブログと併せ 是非 どうぞ!)

 

今回と次回のブログでは

当院の プチ整形の中でも 若い方にも また

ミドルエイジの方にも 人気のある

 

二重まぶた術: 特殊糸・手術顕微鏡による グレイス埋没二重術 と

ラディエッセ(レディエッセ)注入による お鼻とアゴのプチ整形 の

手術・注入直後 モニター写真を ご覧いただきます。

 

術直後や 注入直後は 腫れて当たり前…

そんな先入観は持たず、是非 ご覧ください!

 

マイクロオペ.JPGのサムネール画像

*二重まぶた術: 特殊糸・手術顕微鏡による グレイス埋没二重術

(幅広平行型、自然な末広型、奥二重、上まぶたのたるみ取り) 

 

この治療は、いわゆる 糸による 埋没 二重術です。

 

当院では髪の毛よりも細い独自の極細糸と、

内出血を 極めて 起こしにくい 針を用いると同時に

手術顕微鏡により 極めて 繊細な 手術を 行います。

 

通常は 片眼 2点づつ留める 2点留めを 基本にしています。

針穴を上手く利用して 糸の結び目は まぶたの皮膚の中に 隠れるようになり 見えません。

これが 「埋没法」という 名前の由来です。

 

上記の 当院独自の工夫と技術により 下の 症例写真のように 手術直後でも 

内出血は 基本的に生じません。

 

手術時間は両眼で 25分ほどです。

目も閉じて 行え 痛みも麻酔でほとんど 抑えられます。

 

二重 直後スライド1.jpg

多少 直後は 麻酔液の影響もあり 腫れぼったくなり

二重の幅が 2割ほど 広めになりますが

7日後には この写真の 一番下のように すでに 自然になります。

 

この患者様は 全くの一重で、皮膚も厚めの方でしたが、

お若いので 幅も広めの 平行型を望まれました。

 

このようなケースは 自然な末広型にくらべ、多少 糸に加わる力が大きくなる分

腫れや内出血が出やすいのですが 当院独自の工夫と 技術で

ご覧の様な 術直後とは思えない ナチュラルな結果が得られます。

 

二重 直後スライド2.jpg

 

幅も そんなに広くない 自然な末広型を 望まれる方は

この写真よりも さらに 腫れも 少なくなります。

 

また 糸で留める 埋没法は

決して 若い20代の方ばかりが お受けになるのではありません。

 

30代、40代 そして 50代の方も

弛んできた 上まぶたを メスを入れることなく

糸を使って 留めることで

若い時の 大きな目を 取り戻すことができるのです。

「切らない目の上のたるみ取り:埋没法」

 

実際 私の クリニックでは 20代の患者様と 同じくらいの頻度で

30,40代の方が この 糸による 埋没法で

若かった頃の 大きな目を 取り戻し ご満足いただいております。

 

 

次に 他のモニター様の写真も 示します。

この方の場合も ほとんど 全くの一重で腫れぼったいまぶたでした。

二重 直後スライド3.jpgのサムネール画像 

自然な仕上がりの二重を 望まれました。

埋没二重まぶた術(2点留め)を 行いました。

やはり 術直後でも  内出血も無く サングラスもなく 新幹線でお帰りになられました。

一ヶ月すると 本当に 自然なラインになっています。

二重 直後スライド4.jpg

如何でしたか?

 

こんな感じなら 誰にも ばれずに

こっそり 理想の 二重まぶたが 手に入るはずです。

 

ご希望の方は 是非

お電話 0120-0480-74 まで どうぞ!

 

次回は 当院自慢メニュー

レディエッセによる 鼻 アゴの プチ整形

術直後写真を 紹介いたします。

 

乞うご期待!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

切ったりする手術は怖いけど

注射でお鼻やチークを高くしたり
(ラディエッセ隆鼻 チーク)
糸で二重まぶたにしたり、お顔を引き上げたり
(グレイス埋没二重術、チタンペックリフト)
まぶたの裏から目の下のくま・たるみを減らす手術で
(切らない目の下のたるみ取り)

お顔に傷が出来ずに綺麗で、素敵になれるなら
やってみたいな….

そんな方は、皆さんの中にも
きっと 沢山いらっしゃるはずです。

でも やっぱり 踏み切れずにいる方の ほとんどが
「治療後どれくらい腫れたり 内出血するのか心配….」

「特に 注射や手術直後は 内出血で青あざが出来たり
腫れてサングラスやマスクが必要で
数日間は 人に会えない…. それが当たり前…」

と考えてしまっているのではないでしょうか。

確かに 手術や注入治療は 手品ではありません。
注射一つでも あるいは細い糸をまぶたに1本かけるだけでも
人の体に、何らかの変化を与えれば
その裏返しとして 腫れることは 否定できません。

今回提示した 各モニターさんでも
術直後は ハリの刺入部に赤みが出たり すこし腫れていたり
二重まぶたのライン幅が 広めに出ています。

しかし 術直後 この程度の腫れであれば
メイクで判らなくできる程度だと思います。

そして なによりも しっかり 効果が出ていますね。

手術や注入治療を行うのは 神様でなく
人である 我々 医師であり

一言で 医師と言っても
みな 年齢や経験 技術も違いますから
術後の腫れや内出血の程度 そして 仕上がりも
違ってきて当然です。

しかし、十分な解剖学的知識と
顕微鏡手術も含めた 丁寧かつ誠実な治療技術と
「内出血や腫れを最小限に留めよう」という
心と工夫が 医師にあれば

手術や治療をお受けになった当日でも
マスクやサングラスなく 帰宅できることが
基本的には 当たり前に 出来ると
私は考えており、また
それを日々の診療で 実践することを心がけております。

施術、治療直後から
すでに 内出血や腫れが大きく出て
患者さんに
「腫れや内出血が ひいたら 綺麗になれるから…」
ではなく

患者さんが 治療直後、鏡に映るご自身の顔を見て
即「綺麗になってる!」「格好良くなってる!」
と 感激して 喜んでもらえることこそ
美容外科医の醍醐味であると私は考えます。

また 手術・治療直後 一度
綺麗になっている自分のお顔をご覧になった患者さんは

その後 経過で 腫れや内出血が 仮に出たとしても
時間がたてば 治療直後の綺麗な状態に
なれるという 確信が持て
安心して 術後数日を お過ごしになれます。

ご縁をいただく 全ての患者さんの
期待にお応えし
このような感激を与えられるよう
私も 毎日 精進の積み重ねです。

お問い合わせ、カウンセリングの御予約は
フリーダイヤル 0120-0480-74 まで 是非 どうぞ!

コメント (0)

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術 ②:手術日、ダウンタイム、その後の経過

2011.06.18

TPLスライド5.jpg

TPLスライド15.jpg

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

TPLスライド9.jpg

TPLスライド16.jpg

 

切らないお顔のリフトアップ手術 チタンペックリフト:

手術日、ダウンタイム、その後の経過

 

前回の

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術

その仕組み① :引き上げの仕組み と チタンのネジを活用する理由

 

では このオリジナル治療の

象徴とも言える チタン製のネジを

何故用い、それがもたらす長所 そして その安全性を

お話しすると共に

 

お顔の皮膚を切らないなかでも

皮膚とその下にあるSMAS(お顔の筋肉など)を剥離して

お顔の皮膚を 動きやすくした後

これと連続性する頭皮を引き上げ

お顔のリフトアップを行う

 

脳外科医が その知識と経験を活かして行う

この美容外科手術の 技術的側面を解説しました。

 

そして 今回は 実際 チタンペックリフトを

お受けになろうと考えておられる皆さんに

手術当日の流れ(麻酔や手術時間)、手術後の腫れや痛み、

お顔が どのように 変化してゆくかなどを

具体的に ご説明いたします。

 

「チタンペックリフト」は 一昨年 フジテレビ 「ベストハウス123」

最新若返り美容外科にて

ベスト1に選んでいただきました。

 

これもひとえに 私と私の施術に信頼を寄せてくださる

患者様 お一人お一人の お陰であるとことを

肝に銘じ 日々 精進を重ねて行きたいと思います。

 

 

チタンネジ大きさ.JPG

 

【手術前(およそ一時間の入念なカウンセリング)】

 

まずは カウンセリングです。実際お顔を診させていただき、患者様ご自身がお顔のどの部分のたるみに悩まれているかお話を聞くと共に、私のチタンペックリフトが効果をどの程度出せるのかを、判定させていただきます。たるみの程度が軽い方には、簡易式・クイックチタンペックリフトを御提案させていただくこともあります。また、チタンペックリフトでフェイスラインをスッキリさせるだけでなく、私のHPにも紹介してありますレディエッセ(ラディエッセ:ハイドロキシアパタイト注入剤)を、顎やチークに注入し、より若返り素敵になる、お顔のバランスも提案いたします。

勿論 この時に、具体的な手術法、麻酔、術後の腫れや痛みの可能性も正しくご説明しますので、カウンセリングには、おおよそ1時間をかけさせていただいております。手術をお決めになられた場合は、血液検査もこの後おこなわせていただきます。

なお、当院ではカウンセリングをしっかりお受けいただき、改めて手術日を御予約いただくことが多く、即日の施術治療は、原則、事前に手術予約をいただいている方のみ可能です。ご遠方で東京や大阪に頻回に来られない方で即日手術希望の場合は 事前に私のアドレス(kondo@so-graceclinic.com)まで、お顔写真をお送りいただき、私とメールでやりとりされると、スムーズに行えます。

 

【手術当日(手術時間は 1時間〜1時間半、麻酔で眠って行えます)】

 

【お食事や水分】

午前中の場合は朝から午後からの手術ならお昼から絶食です。水分摂取は、開始1時間までなら、適量かまいません。

スッピンでもメイクをしてきていただいてもかまいませんが

手術前に お化粧は 落としていただきます。

 

【シミュレーション、マーキング】

そして、点滴を留置した後、私が 改めて お顔を診て、引き上げをシュミレーションいたします。つまり 糸の通し方とチタンを留める場所を決定するのです。この時引き上げに関し、何かご希望があれば、改めてご遠慮無く、お申し出ください。マーキングは5分ほどで完了します。

 

【麻酔開始 髪結い】

マーキングが終われば ベッドで横になっていただき、直ぐに、麻酔のお薬を点滴から投与いたします。これで、どなたも眠りに入ってしまいます。それを確認後、確実かつ清潔に手術が出来るよう、ナースが、頭皮上の 小切開を加える部位、糸を通す経路の頭皮の地肌が露出するよう両側頭部の髪をくくります。(この時点で眠っていますので、患者さんはこの事を覚えていらっしゃらないことがほとんどです)。髪はまったく、切ったり、剃ったりしなくて大丈夫です。所用時間は 15分ほどです。

 

チタン体位.JPG

【手術セッテイング】

さて チタンペックリフトの特徴の一つに、手術中の患者さんの体位があります。脳外科医はしばしば、患者さんを仰向けにせず、横向き(側臥位)に、ちょうど ベンチやソファーで横になるような楽な姿勢にして、頭部の手術を行います。チタンペックリフトの時も、まず右を行うときは右側頭部を上にした右側臥位で行い、左を行うときは反対に向けて左側臥位で行います。こうすることで、患者さんは無理に首を振ることなく、楽な体制で手術を受けられます。これにより麻酔も効きやすくぐっすり眠ることが出来、より痛みも感じにくくなります。また腰痛持ちの方も安心です。また私にとっても手術する側頭部が上面に来て、手術が行いやすく、手術時間を短縮できるのです。そして、手術部位を消毒し、道具をセットして手術開始に備えます。所用時間は10分ほどです。

 

 

ネジサイズスライド1.jpg

【手術】

手術自体の 所用時間は 片側30分、両側で一時間です。麻酔が効いていますから、眠っている状態で行えますのでご安心ください。また 当院では、より確実に痛みが抑えられるよう「笑気ガス麻酔」も併用しております。笑気ガスは、安全かつ効果的に痛みを感じにくくするもので、これにより手術中の血圧上昇なども防ぐことにつながります。右側が終了したら、左向きに体位を取り直しますが、みなさん 眠っておられますので、覚えていないことが多いです。なお 初回手術の3週間後に行う「糸調整」は片側15分 両側30分で より簡単です。とにかく、眠っている間に行えますのでご安心ください。

ネジの直径は1ミリと、とても小さく、これを固定するための頭皮の切開は 小指の幅分 およそ2センチで十分です。ですから 筋肉に糸を結ぶ方法やその他の方法に比べ、ネジを用いることで 頭皮の切開傷も、より小さく出来、患者様の負担は少なくなります。

TPLシェーマスライド1.jpg

【手術終了後】

手術終了と共に 麻酔を覚ますお薬を点滴から投与いたします。すると、あっという間に目が覚めます。髪の毛やお顔に付いた消毒を拭きお綺麗にして、記録写真、あるいはモニター写真を撮影します。この時点では、しっかり局所麻酔が効いていて、手術直後は痛みはまったくありませんのでご安心ください。お顔ですが、術直後は強い引き上げで、良い意味でも、逆の意味でも、かなりシャープなフェイスラインになります。また、個人差はありますが、側頭部からこめかみ辺りが注入して残っている麻酔液と引き上げた皮膚がここに集まることで、ぷっくと膨らみます(この部分は髪の毛に隠れます)。このことが少し お顔を逆三角形に見せ、不安に思われる方がいらっしゃいますが、ご安心ください。直後の状態は 勿論、最終的な仕上がりの状態ではありません。チタンペックリフトの引き上げ論理は ちょうどアイススケートの靴ひもを結ぶこととよく似ています。つまり、初めはかなり強く結び、履いている間に徐々に馴染み、いずれ 最適な締め具合になってくるのです。勿論 この引き上げ効果の強い、直後のお顔を鏡で見て、感激される患者様も多くいらっしゃいます。患者様は、手術終了後、しばらくお部屋でゆっくりしていただき、30分もすれば、ご帰宅可能です。新幹線、飛行機も当日可能です。なお 次の来院は 3週後の糸調整の日となります。それまで、御来院は不要です。また、洗髪は

術後48時間経てば可能です。創部が濡れたら、ドライヤーで乾かしてください。

 

mochida スライド.jpg

 

【帰宅後】

術後3-4時間で、引き上げ部の局所麻酔が切れ、徐々に痛みが出てきます。痛みは当日夜から翌日朝までで、さほど長く続きません。痛みの程度・持続も、チタン開発当初に比べ、随分軽くなりました。それは、糸の種類、通し方、皮膚と下の組織の剥離法・範囲に改良を重ねた結果です。痛みは、帰宅時にお渡しする鎮痛薬の頓用でコントロール出来ます。また痛みのあるこめかみ部分を冷やすと痛みは軽くなります。

お顔の腫れが出るのは 個人差もありますが 翌日 または翌々日です。その際、引き上げたフェイスラインは腫れたり内出血は出ません。腫れが出るのは、糸を通したこめかみ部分です。これは、この部分に皮膚を剥離するために用いた麻酔液や血液が貯まっていて、降りてくるからです。このころは、逆に痛みは、もう少なくなっていますから、積極的に冷やさなくても良いです。眠るときは、半座位程度にすると、内出血がお顔に降りず、首の方に流れる傾向があり助かります。術5日を過ぎると腫れもひいて行き、1週間後には適度に張りがありながらフェイスラインは引き上がり、10日後には、嬉しくて、他人にお顔を見せたくなります。ただ 3週後が近づくと、直後の引き上げを10とすると6くらいに戻り(馴染み)を見せます。これは、術翌日から数日生じた腫れにより、引き上げた糸が「伸ばされ」糸に アソビが出来たことが原因です。そして、このタイミングに2度目の手術「糸調整」を行います。なお、この頃には、術直後、ぷっくり膨らんでいたこめかみも、かなり落ち着きますが、人によっては、耳の前・もみあげ部分の皮膚に、若干のたわみ(よれ)がまだあります。

 

【糸調整】

この糸調整は、今ではチタンペックリフトを行う全ての方に、初回手術から3週後に行っています。方法は 前回と同じ傷を切開し、チタンのネジに掛けてある糸の緩み(アソビ)を確認し、ネジの位置を、少しずらし、再び糸を、ピンと引き上げるのです。この時、極端な引き上げを行うと再び頭皮、お顔は腫れ、また糸が伸びてしまいますので、無理をせず、ベルトの穴を一つ締め直すように、アソビを取るようにするのです。これにより、一旦6くらいに戻っていたお顔が8くらいまであがります。この糸調整は30分ほどで出来、やはり麻酔は初回同様、静脈麻酔で、痛みは抑えます。糸調整直後は、初回と違い、その時点で適度な引き上げとなり、こめかみ部分の膨らみも目立ちません。やはり直後からお化粧も出来、そのまま、サングラスやマスクは無く、お帰りになれます。糸調整を行った後、創の抜糸は10日〜14日目が目安です

 

【その後の経過 メインテナンス】

先にも述べましたが、チタンペックリフトは、糸とネジを使って、引き上げたお顔の皮膚、頭皮を癒着させて(くっつけて)しまう治療で、通常 その癒着は3-4ヶ月で完成します。ですからその3-4ヶ月、如何に頭皮、お顔の皮膚が戻らないよう、高い位置で維持できるかが、効果の大きさにつながります。平均的には手術直後の引き上げを10とすると7程度維持するとお考えください。手術して3ヶ月くらいは、フェイスラインを下から上に引き上げるようなマッサージを、朝夕行うと有効です。また 私のリフトアップクリームや、ボトックスリフトを併用することも良い治療です。

髪は普通に洗えます。カラーリングも糸調整後2週間くらいで可能です。ネジを入れてある部分は、個人差はありますが、角のようにぽっこり盛り上がることはありません。また2センチほどの創も、ほとんどの方が判らなくなるほどになります。美容室で洗髪しても、手術したことは解らないのが通常です。

なお、患者様によっては2-3ヶ月後、ご希望があればもう一度、念を押して糸調整を再度行わせていただいております。

3-4ヶ月で一旦付着した皮膚、頭皮は、仮に糸やネジを取り除いても、基本的に戻らず、維持されます。それはちょうど、歯の矯正で、器具を取り外すことと似ています。

ただし、チタンペックリフトの特徴の一つである「再引き上げ」治療(すなわち、チタンペックリフトをお受けになった患者様は、将来、年齢によるお顔のたるみが現れた時でも、ひとたび入れた糸やネジを使って、初回と同じ頭皮の小さな創だけで、何度でも、簡単に、お顔を引き上げる)を、活かすことが出来なくなります。ですから、私の患者様のほとんどが、糸もネジも、そのまま留置しております。

因みに、一種のメインテナンスともいえる、再引き上げのタイミングですが、それは患者様にお任せしております。目安としましては3年に一度程度とお考えください。料金は25万円程度です。

 

糸調整 または 再引き上げの イメージ(下図)

TPL シェーマスライド3.jpg

 

ネジの頭部分はほぼ骨に埋まること、

そして それを覆う筋肉や頭皮は 

合わせると2センチ近くあります。

 

TPL シェーマスライド2.jpg

 

qTPLスライド1.jpg

 

 

 

qTPLスライド2.jpg

 

以上 今回は タンペックリフトをお考えの方に、術前、術当日、術後、その後の経過、フォローにつきまして ご説明させていただきました。これらは、カウンセリング時、私が患者様にお話しする内容の一部です。ご参考になれば幸いです。

 

次回は 今現在 第5世代ともいえる

チタンペックリフトの 変遷について

この4年間で 行って来た 進化・改良点を お話しいたします。

 

 

Dr.近藤 オリジナル 切らない お顔の引き上げ術

チタンペックリフトは

お顔を切らないにも かかわらず

お顔を切る 従来の フェイリフトと同等

 

あるいは それ以上の引き上げの実現を  狙った

全く新しい 若返り 治療です。

 

ただいま 一人でも多くの方に

この「チタンペックリフト」をお受けいただこうと

お値打ちなキャンペーン価格もご用意しております。

是非HPの価格表をご覧ください。

 

この治療について さらに詳しく知りたい、

あるいは 私の施術を受けてみたいと 興味をお持ちの方は、

是非 SOグレイスクリニック  フリーダイアル

0120-0480-74までカウンセリング予約のお電話をくださるか

 

HPより マイページログイン され

オンラインカウンセリング予約をお入れください。

 

お待ち申し上げます。

コメント (0)

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術 その仕組み① :ここ数年での改良点

2011.06.14

TPLスライド5.jpg

TPLスライド15.jpg

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

TPLスライド9.jpg

TPLスライド16.jpg

 

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術・チタンペックリフト②

:より高い効果と 腫れ、痛みを抑えるために重ねたここ数年の更なる工夫、改良

 

こんにちは

さて 今回は

今日は 当院の もう一つの専門分野

「フェイスライン」の治療 において

 

元来 脳外科医の私が

その経験と知識、技術を結集し

この4年間で300人以上のご縁をいただいた患者様と

ともに創り上げた

私独自の お顔のリフトアップ手術

 

「DR近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術

・チタンペックリフト」が ございます。

 

「チタンペックリフト」は 一昨年 フジテレビ 「ベストハウス123」

最新若返り美容外科にて

ベスト1に選んでいただきました。

 

これもひとえに 私と私の施術に信頼を寄せてくださる

患者様 お一人お一人の お陰であるとことを

肝に銘じ 日々 精進を重ねて行きたいと思います。

 

チタンペックリフトの概略 は 当院HPにて

ご紹介しておりますが、今回はブログにて

その概略と

この4年余りでの 数回のバージョンアップによる

改良点 進化した点に 触れたいと思います。

 

チタンネジ大きさ.JPG

 

年齢によるお顔のたるみ、しわを解決し、

若い頃の状態に戻す治療に切開する フェイスリフトがあります。

 

20年ほど前までは、こめかみ近くから耳の前、そして耳の後ろにメスを入れ、

お顔の皮膚を その下の筋肉や脂肪(SMAS)から剥がした後

引き上げ 過剰な皮膚は切除して縫い合わせる

切開法(フェイスリフト)が主流でした。

 

勿論、この治療は、傷は出来ますが

ただしく 剥離を行い 適切な皮膚切除と縫合が行われれば

効果的で、

特に50歳以上を超えたホホのたるみや頸部(首)のたるみの

多い方の 治療には 有効な治療です。

 

しかし 若返りたくても お顔を切ることには、誰でも抵抗があります。

どんなに丁寧に手術を行っても

耳の付け根に沿って 出来る傷は 残ります。

 

そんななか 切らずに、たるみ、しわが無くなれば….。

このような 患者さんの願いを実現させるため

20年ほど前から お顔の皮膚を、糸(thread:スレッド)で引き上げる、

スレッドリフトが登場しました。

 

当初は キザギザのついた 糸を顔の皮膚 あるいは

皮膚の下の脂肪層に 通し その糸自体の収縮力で

皮膚を 引き締めるものでしたが

この方法では 有効な引き上がり効果は得られませんでした。

 

しかし その後 お顔に通した糸を

重力とは 反対方向 つまり 頭側に引き上げ

これを 頭皮の下にある 筋肉や筋膜に

結び 固定する方法が 台頭しました。

(ワプトス ハッピーリフト ダイアモンドリフト

ミラクルリフト など 今ある ほとんどの

糸で行う リフトは これになると思います)

 

この方法は 一見理に適っているかのようですが

 

1 頭側の糸の固定方法の問題

2 お顔の皮膚とその下層にある筋肉や脂肪との接合を剥離していない問題

 

を解決 改善しなり限り

 

皮膚をスライドさせ引き上げ

引き上げた場所で 維持させることは 出来ておらず

単に 一時的な引きつれで終わる可能性が高いと

私は 考えています。

 

それが

 

「切らないで、しかも短時間でリフトアップ。

確かに、糸でのリフトは魅力的な方法ですが

負担が少なくなる分、引き上げ効果が、

メスを入れ皮膚を切開する方法に比べると、

十分でなく、持続性が少ない… 」

 

という 一般的に皆さんが理解されている

通説を認めざるを得ません。

 

 

そんな中、

「何とか、糸で引っ張るスレッドリフトで、

切開法にも負けない、効果的な方法が無いか」

「患者様に、心から満足していただける治療を行いたい」と、

日々 鍛錬を重ねるうちに、

従来のスレッドリフトの弱点を大きく克服した、

新しいスレッドリフトを 考案するに至りました。

それが 私の 「チタンペックリフト」なのです。

 

 

実は従来のスレッドリフトでは お顔に通した糸を

どこに固定するかというと、側頭部の頭皮下にある、

側頭筋という筋肉に結んでいるのです。

 

筋肉スライド1.jpg

 

その理由は、これ以外に、確実に糸を結ぶことが出来る場所が、

頭蓋骨の表面には無いからです。頭蓋骨と側頭筋の関係は、

ちょうど鳥のもも肉が、骨に付いているようなイメージです。

 

 

しかし、側頭筋に糸を固定することには、幾つかの問題点があるのです。

 

1、 側頭筋は、話したり、物を食べたりする際に 動く筋肉です。

さらに筋肉やそれを覆う膜は、引っ張られることで、伸びてゆきます。

特に、30代より40代、40代より50代と、加齢により、その収縮性は低下して行きます。

 

そこに糸を結ぶことは 確実な固定にはなりにくく、

非常に早い段階で 緩んでしまいます。

 

2、この側頭筋上しか糸を固定できないとなると、

皮膚や脂肪を引っ張る方向は限られてしまい、

伸ばしたり、引き上げたりできる、お顔のしわやたるみの部位が非常に制限されます。また微妙な引っ張り加減の調節も困難になります。

 

3,さらに 側頭筋と筋膜には痛覚があり、引っ張られることで、痛みを生じます。それは、局所的なものにとどまらず、全体的な頭痛(緊張型頭痛といいます)になったり、眼の疲れ、肩こりの原因にもなります。

 

これらのことを踏まえ、私は、

糸の頭皮側での固定を、全く今までのものとは違った発想、

方法で行うことにしたのです。

 

ネジサイズスライド1.jpg

 

 

【純チタン製 極小ネジの活用】

 

図や写真で示したような 直径僅か1.5ミリ、長さ3〜4ミリの、

純チタン製の極小ネジを、頭蓋骨に固定し、

これに引き上げた糸を留める方法です。

 

「チタンペックリフト」の名の由来は

チタン製の極小ネジを用いるところにあるのです。

 

「ネジを頭の骨に固定するなんて… 何と恐ろしい…」

そんな先入観で 拒絶されてしまえば

元も子もありませんが、

 

今や チタン製のネジは 

保険診療の手術では 各分野で 当たり前に用いています。

 

歯のインプラントの土台に使われているネジも

これと サイズも素材も同じものです。

 

それは その安全生、利便性、確実性が

評価されているからに他なりません。

 

そして ネジを使うからこそ

引き上げた糸を 筋肉(筋膜)や骨膜に

結ぶ従来の方法の問題点を解決出来、

今まで 不可能と思われていたことが

可能になってきたのです

 

それらを 具体的に列挙しますと

 

1 硬い骨へ固定されたネジのヘッドに、糸を留めることにより 引き上げた皮膚が 確実にその位置で保持されます。

 

2 頭の骨上なら、どこでも自由に、固定点が決められるため、

従来のスレッドリフトで引っ張れなかった方向や場所の引き上げが可能になりました。

 

3 1、2の長所により 特に 今まで、切開法しか改善が困難であった、

口元、顎ラインのたるみ・フェイスラインが、非常に効果的に治療できることになりました。

 

4 皆さんが心配される痛みの点でも 痛みを感じやすい筋肉に比べ

骨自体は痛みを感じません。ですから 手術中を含め骨にネジを留めること、留めてあることでの 痛みはまったくありませせん。

 

5 ネジの直径は1ミリと、とても小さく、これを固定するための頭皮の切開は 小指の幅分 およそ2センチで十分です。ですから 筋肉に糸を結ぶ方法やその他の方法に比べ、ネジを用いることで 頭皮の切開傷も、より小さく出来、患者様の負担は少なくなります。

TPLシェーマスライド1.jpg

 

6  さらに ネジは 通常のネジ回し(ドライバー)を使い、たった数秒で 骨にとり付けることも 外すことも 簡単にできます。ですから、何度でもネジの位 置を変えることで、同じ糸を用い、糸の引き上げ具合を調整できるのです。筋肉や骨膜に結ぶ方法では、このようなことは出来ず、糸も改めて通し治さなくては なりません。

 

7 6に関連しますが、一旦この手術を行った患者様は、将来加齢で、たるみが出てきたとしても、改めて 手術を一からしなくても、新たな傷を作ることなく、また、新たに糸を通すことなく、同じ傷、同じ糸を利用し、傷内の骨上で、ネジの位置を変えるだけで、何 度でも 再度お顔を引き上げることが出来るのです(再引き上げ術)

 

TPL シェーマスライド3.jpg

 

なお チタン製のネジを骨に固定することに対し

不安を抱く患者様がおられるかとは思いますが、

チタンは金属でありながら、

 

非常に人間の組織と適応性、親和性が高いことで知られます。

 

 

日本の脳神経外科では 開頭手術で頭蓋骨を固定する際、

私が 今回採用している このメーカーの同一チタン製ネジを

数十年前から 連日 全国各施設で 使用しております。

 

 

アレルギー反応や感染症を引き起こすこと可能性は

非常に小さく、極めて安全なものです。

 

それどころか、チタンにはそれ自体に抗菌作用、殺菌作用があることが知られます。手脚の人工関節の多くが、

このチタン製なのです。

 

特に今回用いるものは、

脳外科手術で骨を固定するために用いるものと同一

(PSM: Titanium bone crafting system)であり、

 

強度や安全性は、非常に高くなっています。

 

そして 通常の金属とは違い、

CTスキャンやMRIなどの諸検査を受ける際も、全く支障がありません。

 

脳ドックを受けたり、仮に脳のご病気ななられた際も、

諸検査、治療には なんら差し支えありません。

空港の金属検査にもかかりませんので ご安心ください。

 

ネジの頭部分はほぼ骨に埋まること、

そして それを覆う筋肉や頭皮は 

合わせると2センチ近くあります。

 

TPL シェーマスライド2.jpg

 

ですから 通常は ネジ固定部の頭皮が

ネジに押されて 明らかな 盛り上がりを

創ることは ありません。

 

つまり 頭の傷部分が 明らかに出っ張ることもないのです。

 

また 2センチほどの頭皮の傷の部分は

手足の手術創と同じように

初めは 傷となりますが

半年もしない間に ほとんど 判らなくなってゆきます。

 

髪は 手術のために 一切 切ったり 

剃ったりする必要はありません。

 

洗髪は 手術後48時間以後なら自由

髪染めも 手術直前可脳 抜糸後10日で 可能となります。

 

そして 繰り返しになりますが

骨自体には、痛覚はありませんので、ネジの固定が

痛みや頭痛を 引き起こすことは ありません。

 

qTPLスライド1.jpg

 

 

【糸の通し方、皮膚の剥離】

 

さて  私のチタンペックリフトは これまで述べた

チタン製のネジに 注目が集まる傾向がありますが、

 

実は その効果的な引き上げ力は

特殊な糸の通し方と 切るフェイスリフト同様の

皮膚とその下の筋肉や骨との剥離を 行う点になります。

 

切開せずに どうやって 剥離するかの詳細は

公開できませんが

 

基本的には

小さな数ミリの穴から 注入する麻酔液の水圧で

皮膚とその下にある筋肉や骨の境界を

痛み無く また 傷も作らず 剥がすわけです。

 

そして 真に 引き上げたいお顔の皮膚を

動けるようにし

頭側 つまり 上向きに 引き上げるのです。

 

 

私の チタンペックリフトは

お顔を引き上げる手術でありながら

デリケートなお顔の皮膚自体には 糸を入れたり

通したりいたしません。

 

お顔の皮膚とつながった頭皮に糸を通し、

引き上げているのです。

 

しかも 脳外科医として頭皮の特質を熟知した上で

かなり強い力で 引き上げています。

(詳細は 公開しておりません)

 

なお、使用する糸は、吸収されない糸です。

 

また 数年にわたる施術の中で

糸の種類にもこだわり

現在では 心臓外科や血管外科で用いる

伸展性のある 特殊糸を 使用します。

 

また 何本も糸は用いません。

原則 左右 1本ずつ 計 2本で

お顔全体を 引き上げているのです。

 

溶けない糸で 引っ張り上げることは

より確実な引き上げを 一定期間 確実に持続させるためです。

 

ただし ご安心ください。

何らかの理由で 糸やネジを 抜去したい場合は

何年経過しようが

片側10分ほどで 簡単に 糸も ネジも 取り除くことが出来るのです。

 

糸は 周囲と癒着して 取れなくなるような

素材ではありません。

 

qTPLスライド2.jpg

 

また 今回のブログの後

続編で お話しいたしますが、

 

私のチタンペックリフトは

数年も この糸とネジが 頭皮 延いてはお顔の皮膚を

常に引き上げているわけではありません。

 

皆さんの多くが

引き上げが持続すると言うことは

ずっと 糸とネジが お顔を引き上げていて

 

もし 糸を取ったら お顔のたるみが

一気に戻ってしまうと 考えられるかも知れませんが、

 

実は まったく 違います。

 

実際 糸のお蔭で引き上げている期間は

手術後 おおよそ3〜4ヶ月程度と

考えています。

 

というのも 剥離して引き上げられた

お顔の皮膚 頭皮は 新しい部位で

癒着してしまうからです。

 

ですから これら糸や ネジを 頭部に入れていることが

どうしても 気になる方は

その時期まで お待ち戴ければ

抜去は いつでも 簡単に可脳です。

 

裏返せば この3-4ヶ月の間 如何に

皮膚を 引き上げた 高い位置で

癒着させる事が出来るかが

効果の大小に関与してくるのです。

 

今現在 私が

全ての患者様に行っている

初回手術3週後に行う 「糸調整」も

それを目的にした 工夫です。

 

これは初回手術後 3日間ほど生じる腫れによって

伸ばされた

「糸のあそび」を 取り除く 処置です。

 

その他 手術後の数ヶ月 行っていただく

リフトアップマッサージや

私が 開発した リフトアップクリームの併用なども

 

引き上げたお顔を すこしでも

効果的な位置に安定させることに 役立つ方法なのです。

 

 

今回は

 

私のオリジナル リフトアップ手術

チタンペックリフトの 引き上げ方法 を

解説するとともに

チタン製のネジを 使用する根拠 理由を

お話しいたしました。

 

チタン製のネジは 非常に 小さく

その安全性は 揺るぎないものであり

 

極小ネジをつかうからこそ

傷も最小限に抑え 将来何度でも 再引き上げを行える

他には無い 特徴ある リフトアップ術が 実現できているのです。

 

 

Dr.近藤 オリジナル 切らない お顔の引き上げ術

チタンペックリフトは

 

お顔を切らないにも かかわらず

お顔を切る 従来の フェイリフトと同等

 

あるいは それ以上の引き上げの実現を  狙った

全く新しい 若返り 治療です。

 

ただいま 一人でも多くの方に

この「チタンペックリフト」をお受けいただこうと

お値打ちなキャンペーン価格もご用意しております。

是非HPの価格表をご覧ください。

 

 

この治療について さらに詳しく知りたい、

あるいは 私の施術を受けてみたいと 興味をお持ちの方は、

是非 SOグレイスクリニック  フリーダイアル

0120-0480-74までカウンセリング予約のお電話をくださるか

 

HPより マイページログイン され

オンラインカウンセリング予約をお入れください。

 

お待ち申し上げます。

コメント (0)

ザ・ベストハウス123にてベスト1獲得 DR近藤 切らないお顔のリフトアップ術 ① :引き上げの仕組み と チタンのネジを活用する理由

2011.06.12

TPLスライド5.jpg

TPLスライド15.jpg

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

TPLスライド9.jpg

TPLスライド16.jpg

 

切らないお顔のリフトアップ手術 チタンペックリフト:

引き上げの仕組み と チタンのネジを活用する理由

 

こんにちは

当院は お顔に特化した 美容クリニックで

なかでも 特に 目の下 目の周りのアンチエイジングの

治療症例は とても多く 東京本院 大阪院には

全国から 患者様に 御来院いただいております。

 

その関係もあり 最近は ブログも

目の下・目周りの 美容のお話が多くなっておりますが

 

今日は 当院の もう一つの専門分野

「フェイスライン」の治療 において

 

元来 脳外科医の私が

その経験と知識、技術を結集し

この4年間で300人以上のご縁をいただいた患者様と

ともに創り上げた

私独自の お顔のリフトアップ手術

 

「DR近藤オリジナル 切らないお顔の引き上げ術

・チタンペックリフト」が ございます。

 

「チタンペックリフト」は 一昨年 フジテレビ 「ベストハウス123」

最新若返り美容外科にて

ベスト1に選んでいただきました。

 

これもひとえに 私と私の施術に信頼を寄せてくださる

患者様 お一人お一人の お陰であるとことを

肝に銘じ 日々 精進を重ねて行きたいと思います。

 

チタンペックリフトの概略 は 当院HPにて

ご紹介しておりますが、今回はブログにて

その概略と

この4年余りでの 数回のバージョンアップによる

改良点 進化した点に 触れたいと思います。

 

チタンネジ大きさ.JPG

 

年齢によるお顔のたるみ、しわを解決し、

若い頃の状態に戻す治療に切開する フェイスリフトがあります。

 

20年ほど前までは、こめかみ近くから耳の前、そして耳の後ろにメスを入れ、

お顔の皮膚を その下の筋肉や脂肪(SMAS)から剥がした後

引き上げ 過剰な皮膚は切除して縫い合わせる

切開法(フェイスリフト)が主流でした。

 

勿論、この治療は、傷は出来ますが

ただしく 剥離を行い 適切な皮膚切除と縫合が行われれば

効果的で、

特に50歳以上を超えたホホのたるみや頸部(首)のたるみの

多い方の 治療には 有効な治療です。

 

しかし 若返りたくても お顔を切ることには、誰でも抵抗があります。

どんなに丁寧に手術を行っても

耳の付け根に沿って 出来る傷は 残ります。

 

そんななか 切らずに、たるみ、しわが無くなれば….。

このような 患者さんの願いを実現させるため

20年ほど前から お顔の皮膚を、糸(thread:スレッド)で引き上げる、

スレッドリフトが登場しました。

 

当初は キザギザのついた 糸を顔の皮膚 あるいは

皮膚の下の脂肪層に 通し その糸自体の収縮力で

皮膚を 引き締めるものでしたが

この方法では 有効な引き上がり効果は得られませんでした。

 

しかし その後 お顔に通した糸を

重力とは 反対方向 つまり 頭側に引き上げ

これを 頭皮の下にある 筋肉や筋膜に

結び 固定する方法が 台頭しました。

(ワプトス ハッピーリフト ダイアモンドリフト

ミラクルリフト など 今ある ほとんどの

糸で行う リフトは これになると思います)

 

この方法は 一見理に適っているかのようですが

 

1 頭側の糸の固定方法の問題

2 お顔の皮膚とその下層にある筋肉や脂肪との接合を剥離していない問題

 

を解決 改善しなり限り

 

皮膚をスライドさせ引き上げ

引き上げた場所で 維持させることは 出来ておらず

単に 一時的な引きつれで終わる可能性が高いと

私は 考えています。

 

それが

 

「切らないで、しかも短時間でリフトアップ。

確かに、糸でのリフトは魅力的な方法ですが

負担が少なくなる分、引き上げ効果が、

メスを入れ皮膚を切開する方法に比べると、

十分でなく、持続性が少ない… 」

 

という 一般的に皆さんが理解されている

通説を認めざるを得ません。

 

 

そんな中、

「何とか、糸で引っ張るスレッドリフトで、

切開法にも負けない、効果的な方法が無いか」

「患者様に、心から満足していただける治療を行いたい」と、

日々 鍛錬を重ねるうちに、

従来のスレッドリフトの弱点を大きく克服した、

新しいスレッドリフトを 考案するに至りました。

それが 私の 「チタンペックリフト」なのです。

 

 

実は従来のスレッドリフトでは お顔に通した糸を

どこに固定するかというと、側頭部の頭皮下にある、

側頭筋という筋肉に結んでいるのです。

 

筋肉スライド1.jpg

 

その理由は、これ以外に、確実に糸を結ぶことが出来る場所が、

頭蓋骨の表面には無いからです。頭蓋骨と側頭筋の関係は、

ちょうど鳥のもも肉が、骨に付いているようなイメージです。

 

 

しかし、側頭筋に糸を固定することには、幾つかの問題点があるのです。

 

1、 側頭筋は、話したり、物を食べたりする際に 動く筋肉です。

さらに筋肉やそれを覆う膜は、引っ張られることで、伸びてゆきます。

特に、30代より40代、40代より50代と、加齢により、その収縮性は低下して行きます。

 

そこに糸を結ぶことは 確実な固定にはなりにくく、

非常に早い段階で 緩んでしまいます。

 

2、この側頭筋上しか糸を固定できないとなると、

皮膚や脂肪を引っ張る方向は限られてしまい、

伸ばしたり、引き上げたりできる、お顔のしわやたるみの部位が非常に制限されます。また微妙な引っ張り加減の調節も困難になります。

 

3,さらに 側頭筋と筋膜には痛覚があり、引っ張られることで、痛みを生じます。それは、局所的なものにとどまらず、全体的な頭痛(緊張型頭痛といいます)になったり、眼の疲れ、肩こりの原因にもなります。

 

これらのことを踏まえ、私は、

糸の頭皮側での固定を、全く今までのものとは違った発想、

方法で行うことにしたのです。

 

ネジサイズスライド1.jpg

 

 

【純チタン製 極小ネジの活用】

 

図や写真で示したような 直径僅か1.5ミリ、長さ3〜4ミリの、

純チタン製の極小ネジを、頭蓋骨に固定し、

これに引き上げた糸を留める方法です。

 

「チタンペックリフト」の名の由来は

チタン製の極小ネジを用いるところにあるのです。

 

「ネジを頭の骨に固定するなんて… 何と恐ろしい…」

そんな先入観で 拒絶されてしまえば

元も子もありませんが、

 

今や チタン製のネジは 

保険診療の手術では 各分野で 当たり前に用いています。

 

歯のインプラントの土台に使われているネジも

これと サイズも素材も同じものです。

 

それは その安全生、利便性、確実性が

評価されているからに他なりません。

 

そして ネジを使うからこそ

引き上げた糸を 筋肉(筋膜)や骨膜に

結ぶ従来の方法の問題点を解決出来、

今まで 不可能と思われていたことが

可能になってきたのです

 

それらを 具体的に列挙しますと

 

1 硬い骨へ固定されたネジのヘッドに、糸を留めることにより 引き上げた皮膚が 確実にその位置で保持されます。

 

2 頭の骨上なら、どこでも自由に、固定点が決められるため、

従来のスレッドリフトで引っ張れなかった方向や場所の引き上げが可能になりました。

 

3 1、2の長所により 特に 今まで、切開法しか改善が困難であった、

口元、顎ラインのたるみ・フェイスラインが、非常に効果的に治療できることになりました。

 

4 皆さんが心配される痛みの点でも 痛みを感じやすい筋肉に比べ

骨自体は痛みを感じません。ですから 手術中を含め骨にネジを留めること、留めてあることでの 痛みはまったくありませせん。

 

5 ネジの直径は1ミリと、とても小さく、これを固定するための頭皮の切開は 小指の幅分 およそ2センチで十分です。ですから 筋肉に糸を結ぶ方法やその他の方法に比べ、ネジを用いることで 頭皮の切開傷も、より小さく出来、患者様の負担は少なくなります。

TPLシェーマスライド1.jpg

 

6 さらに ネジは 通常のネジ回し(ドライバー)を使い、たった数秒で 骨にとり付けることも 外すことも 簡単にできます。ですから、何度でもネジの位置を変えることで、同じ糸を用い、糸の引き上げ具合を調整できるのです。筋肉や骨膜に結ぶ方法では、このようなことは出来ず、糸も改めて通し治さなくてはなりません。

 

7 6に関連しますが、一旦この手術を行った患者様は、将来加齢で、たるみが出てきたとしても、改めて手術を一からしなくても、新たな傷を作ることなく、また、新たに糸を通すことなく、同じ傷、同じ糸を利用し、傷内の骨上で、ネジの位置を変えるだけで、何度でも 再度お顔を引き上げることが出来るのです(再引き上げ術)

 

TPL シェーマスライド3.jpg

 

なお チタン製のネジを骨に固定することに対し

不安を抱く患者様がおられるかとは思いますが、

チタンは金属でありながら、

 

非常に人間の組織と適応性、親和性が高いことで知られます。

 

 

日本の脳神経外科では 開頭手術で頭蓋骨を固定する際、

私が 今回採用している このメーカーの同一チタン製ネジを

数十年前から 連日 全国各施設で 使用しております。

 

 

アレルギー反応や感染症を引き起こすこと可能性は

非常に小さく、極めて安全なものです。

 

それどころか、チタンにはそれ自体に抗菌作用、殺菌作用があることが知られます。手脚の人工関節の多くが、

このチタン製なのです。

 

特に今回用いるものは、

脳外科手術で骨を固定するために用いるものと同一

(PSM: Titanium bone crafting system)であり、

 

強度や安全性は、非常に高くなっています。

 

そして 通常の金属とは違い、

CTスキャンやMRIなどの諸検査を受ける際も、全く支障がありません。

 

脳ドックを受けたり、仮に脳のご病気ななられた際も、

諸検査、治療には なんら差し支えありません。

空港の金属検査にもかかりませんので ご安心ください。

 

ネジの頭部分はほぼ骨に埋まること、

そして それを覆う筋肉や頭皮は 

合わせると2センチ近くあります。

 

TPL シェーマスライド2.jpg

 

ですから 通常は ネジ固定部の頭皮が

ネジに押されて 明らかな 盛り上がりを

創ることは ありません。

 

つまり 頭の傷部分が 明らかに出っ張ることもないのです。

 

また 2センチほどの頭皮の傷の部分は

手足の手術創と同じように

初めは 傷となりますが

半年もしない間に ほとんど 判らなくなってゆきます。

 

髪は 手術のために 一切 切ったり 

剃ったりする必要はありません。

 

洗髪は 手術後48時間以後なら自由

髪染めも 手術直前可脳 抜糸後10日で 可能となります。

 

そして 繰り返しになりますが

骨自体には、痛覚はありませんので、ネジの固定が

痛みや頭痛を 引き起こすことは ありません。

 

qTPLスライド1.jpg

 

 

【糸の通し方、皮膚の剥離】

 

さて  私のチタンペックリフトは これまで述べた

チタン製のネジに 注目が集まる傾向がありますが、

 

実は その効果的な引き上げ力は

特殊な糸の通し方と 切るフェイスリフト同様の

皮膚とその下の筋肉や骨との剥離を 行う点になります。

 

切開せずに どうやって 剥離するかの詳細は

公開できませんが

 

基本的には

小さな数ミリの穴から 注入する麻酔液の水圧で

皮膚とその下にある筋肉や骨の境界を

痛み無く また 傷も作らず 剥がすわけです。

 

そして 真に 引き上げたいお顔の皮膚を

動けるようにし

頭側 つまり 上向きに 引き上げるのです。

 

 

私の チタンペックリフトは

お顔を引き上げる手術でありながら

デリケートなお顔の皮膚自体には 糸を入れたり

通したりいたしません。

 

お顔の皮膚とつながった頭皮に糸を通し、

引き上げているのです。

 

しかも 脳外科医として頭皮の特質を熟知した上で

かなり強い力で 引き上げています。

(詳細は 公開しておりません)

 

なお、使用する糸は、吸収されない糸です。

 

また 数年にわたる施術の中で

糸の種類にもこだわり

現在では 心臓外科や血管外科で用いる

伸展性のある 特殊糸を 使用します。

 

また 何本も糸は用いません。

原則 左右 1本ずつ 計 2本で

お顔全体を 引き上げているのです。

 

溶けない糸で 引っ張り上げることは

より確実な引き上げを 一定期間 確実に持続させるためです。

 

ただし ご安心ください。

何らかの理由で 糸やネジを 抜去したい場合は

何年経過しようが

片側10分ほどで 簡単に 糸も ネジも 取り除くことが出来るのです。

 

糸は 周囲と癒着して 取れなくなるような

素材ではありません。

 

qTPLスライド2.jpg

 

また 今回のブログの後

続編で お話しいたしますが、

 

私のチタンペックリフトは

数年も この糸とネジが 頭皮 延いてはお顔の皮膚を

常に引き上げているわけではありません。

 

皆さんの多くが

引き上げが持続すると言うことは

ずっと 糸とネジが お顔を引き上げていて

 

もし 糸を取ったら お顔のたるみが

一気に戻ってしまうと 考えられるかも知れませんが、

 

実は まったく 違います。

 

実際 糸のお蔭で引き上げている期間は

手術後 おおよそ3〜4ヶ月程度と

考えています。

 

というのも 剥離して引き上げられた

お顔の皮膚 頭皮は 新しい部位で

癒着してしまうからです。

 

ですから これら糸や ネジを 頭部に入れていることが

どうしても 気になる方は

その時期まで お待ち戴ければ

抜去は いつでも 簡単に可脳です。

 

裏返せば この3-4ヶ月の間 如何に

皮膚を 引き上げた 高い位置で

癒着させる事が出来るかが

効果の大小に関与してくるのです。

 

今現在 私が

全ての患者様に行っている

初回手術3週後に行う 「糸調整」も

それを目的にした 工夫です。

 

これは初回手術後 3日間ほど生じる腫れによって

伸ばされた

「糸のあそび」を 取り除く 処置です。

 

その他 手術後の数ヶ月 行っていただく

リフトアップマッサージや

私が 開発した リフトアップクリームの併用なども

 

引き上げたお顔を すこしでも

効果的な位置に安定させることに 役立つ方法なのです。

 

 

今回は

 

私のオリジナル リフトアップ手術

チタンペックリフトの 引き上げ方法 を

解説するとともに

チタン製のネジを 使用する根拠 理由を

お話しいたしました。

 

チタン製のネジは 非常に 小さく

その安全性は 揺るぎないものであり

 

極小ネジをつかうからこそ

傷も最小限に抑え 将来何度でも 再引き上げを行える

他には無い 特徴ある リフトアップ術が 実現できているのです。

 

 

Dr.近藤 オリジナル 切らない お顔の引き上げ術

チタンペックリフトは

 

お顔を切らないにも かかわらず

お顔を切る 従来の フェイリフトと同等

 

あるいは それ以上の引き上げの実現を  狙った

全く新しい 若返り 治療です。

 

ただいま 一人でも多くの方に

この「チタンペックリフト」をお受けいただこうと

お値打ちなキャンペーン価格もご用意しております。

是非HPの価格表をご覧ください。

 

 

この治療について さらに詳しく知りたい、

あるいは 私の施術を受けてみたいと 興味をお持ちの方は、

是非 SOグレイスクリニック  フリーダイアル

0120-0480-74までカウンセリング予約のお電話をくださるか

 

HPより マイページログイン され

オンラインカウンセリング予約をお入れください。

 

お待ち申し上げます。

コメント (0)

切らない 目のくま・目の下のたるみ取り に レディエッセ注入を組み合わせる こだわり 

2011.06.11

okura スライド2.jpg*katoスライド1.jpg
切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブ ログ 「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

 
こんにちは 皆さん

毎日お顔のご相談を受け治療させていただく中で、
「目の下の クマ・たるみ・シワ」は、
やはり最も 切実な悩みであることを実感しております。

私の場合、基本的にその治療は、
目のくま 目の下のたるみの原因が 膨らみ(凸み)であれば、
DR近藤 オリジナル 切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

窪み(凹み)であれば、「ラディエッセ注入」(または脂肪注入) を
ご縁を戴いた全国の皆さんに施術させていただいております。

しかし、目の下の悩みは千差万別、お一人お一人違います。

特に膨らみとその下の窪みライン(凸みと凹み)が
混在したタイプ
の患者さんは、
実際には非常に多く見受けられます。

そして、この混合タイプの患者さんを、
如何に綺麗にして満足していただくかが、
私に与えられた使命であり

そして、かなりの完成度・満足度を提供できる治療法
「DR近藤オリジナル TCB-R コンプリート法」
の確立に至りました。

東京クリニックガイド1.jpg

この方法は
まず、目の下の膨らみには
「DR.近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取り:TCB」を

さらにその3週間後、下部の凹みラインを改善すべく
「ラディエッセ注入」または「脂肪注入」を行う方法です。
(脂肪を減らす部位と ラディエッセ(脂肪)を注入する部位は 異なります)

つまり、TCBとラディエッセ注入(脂肪注入)を組み合わせる
TCB-R法は たるみ・シワ・凹みを
総合的に改善する治療なのです。

まず 脂肪を減らす「DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り」 は
目の下の皮膚は切りません。
この施術は 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。
「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。
アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから
手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。
痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分ほどです。

目も閉じて行え 怖くありません。抜糸も必要ありません。
脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、
術直後でも 基本的に内出血は ありません。

TCB-R sumida.JPG

TCB-R sumida post +.JPGのサムネール画像

お写真の モニターさんは 30代女性です。
私のTCBを お受けになりました。
上は術前 下 は 術直後のお写真です。

基本的に 術直後でも ご覧のように 内出血は ありません。
お顔には傷を作ることなく このような治療が出来るのです。
私の 切らない目の下のたるみ取りは 俗に言う 「脱脂」ではありません。

OPE横.JPG
脂肪をガッポリ減らし 凹ませるのではなく
20年以上の脳外科顕微鏡手術治療の経験と技術を
美容外科医療に 活用し
繊細な手術テクニックで そっと 適量減らし 脂肪で押される圧力を感じながら
防衛反応で 伸びていた皮膚や筋肉を
楽にして 再び引き締める スイッチを いれる治療なのです。

つまり 単なる脂肪取りではなく 皮膚と筋肉の引き締め能力を引き出す
自己再生手術なのです。

また 私の場合
目の下の脂肪を減らした後3週間以上 空けて
その下の凹みラインのラディエッセ注入・脂肪幹細胞注入治療を行います。

その理由は
確かに 私の TCB手術直後、内出血は 通常生じませんが
腫れは 全く生じていないわけではなく
この段階で 患者様の正確な 凹みラインは判定できないからです。

正確な判定が出来ない中で
注入を行えば 勿論 仕上がりに妥協が出てしまうと考えるのです。

ですから 患者様には 組織レベルでも 腫れが落ち着いている
3週以降 御来院いただき
正確な凹みラインを 評価して
ラディエッセ注入 または 脂肪幹細胞注入を 行うのです。

また 私が 凹みラインの治療に
自信と責任を持って ラディエッセ注入を 行う理由を
幾つか述べます。

ラディエッセ(レディエッセ)は ヒアルロン酸など 他のフィラーに比べ
その粘稠度、弾性力が高く
また その持続性も 長い 優れたフィラーです。

スライド粘稠 08.jpg
粘稠度、弾力性が高いと言うことは
すなわち
「ずれにくい、形が保たれやすい、盛りあげ力が強い」
ということです。

時々 患者様から 質問を受ける
レディエッセを入れたら硬くなる」という御質問ですが

それは 当然のことで

裏返せば 容易に 入れた場所から 流れてしまう
柔らかなヒアルロン酸に比べ
お顔の筋肉の動きにも抗して
形を保持する能力が高いフィラーと言うことです。

そして「しこりになることがある」という御質問には
今述べたように

粘りと弾力が優れた性質であるレディエッセを
皮膚の浅い部分(層)に注入すれば
当然 しこりのように なります。

これは レディエッセ自体が悪いのではなく
担当した医師が 間違った知識と技術で
レディエッセを 浅い層に注入することで
生じるケースが ほとんどです。

hifu スライド15.jpg

レディエッセは 少なくとも
図で示す 皮下脂肪層よりも深め、

解りやすく言えば
皮膚の中に注入するのではなく
骨膜に覆われた 骨の表面に載せるように注入し
皮膚を下から 持ち上げる様に
使用するものと考え
日々 治療を 行っています。

ですから 凸凹になることもなく
皮膚の表面も 自然な盛り上がり カーブになるのです。

さらに「肉芽腫になる」</font>といった御質問に対しても
そのような 正式な報告は 無く

レディエッセの安全性は 米 FDAでも 認可されている
選ばれた フィラーなのです。</font>

また 私の患者様であっても 時々
メールや ご来院の折に
「レディエッセは硬いので 目の下には 注入できないと
ネットで 書いてありました」とか

他のクリニックでは 目の下には
レディエッセを入れられないと言われました」
という 御質問を 受けることがあります。

実際 私が 目のくま、目の下のたるみ治療で
レディエッセを 注入している部位は
先にも申し上げたとおり
チーク(上ホホ・中顔面)もしくは
チークと下まぶたの間にある 凹みラインなのです。

東京クリニックガイド1.jpgのサムネール画像

目の下の皮膚は 非常に薄く デリケートです。

その下には骨もなく レディエッセ注入には
適していないことは 私自身も 認める事実なのです。

レディエッセの注入で ホホが上方に持ち上げられる事で
目の下の凹みラインが つまり 目のくまが改善されるのです。

 

プッシュアップ1.jpg

短絡的に 目のくま 目の下のたるみ治療は
目の下だけの問題ではなく
ホホ(チーク)を含めた 中顔面のバランスの問題として受け止め
正しく 治療を 行ってゆく必要があるのです。

 

目の下2スライド5.jpgのサムネール画像
また 私が ラディエッセ注入も
単なる注入ではなく 自己再生治療と 評価している 理由ですが
ラディエッセの主成分である
ハイドロキシアパタイトの粒子は 1年から1年半で
吸収されてゆきますが
この粒子の周りに 注入後 患者様ご自身の コラーゲン新生が
生じるのです。(下図参照)

レディエッセ組織1.jpg

レディエッセ組織2.jpg

つまり 外から注射した ラディエッセの替わりに
自分のコラーゲンが およそ体積にして 3割ほど 残ってくれるのです。

ですから 持続性の点でも ヒアルロン酸に優ることは勿論
その3-4割が残るとされる 脂肪注入にも 匹敵すると考えます。

さらに ラディエッセ注入は 脂肪注入に比べ
大腿やお腹から 脂肪を 採取する手間 リスクもありません。
お値段も お安く出来ます

また 半固形の脂肪が ある程度の太さの針で注入する必要があることに比べ
ラディエッセはクリーム状で ヒアルロン酸同様
細い針で注入でき 痛みは勿論 内出血や腫れも生じにくいのです。

なおラディエッセ注入はその施術にコツと経験が必要ですが、
多くの経験を重ねるうちに、単なる凹み修正ではなく、
そのコラーゲン産生刺激作用により 皮膚の性状を変化させ、
おシワの改善効果を出せることを実感しております。

勿論 注入材料に やはり ご自身の脂肪を注入されたい方には
脂肪幹細胞注入療法を行えます(TCB-F法)ので
ご安心ください。
以上 脂肪で押されていた 目の下の皮膚と筋肉の自己再生のスイッチを入れる
<font color=”#336699″>「切らない目の下のくま・たるみ取り:TCB」</font>と
目の下の凹みラインを盛り上げ、自らのコラーゲン新生を つまり
皮膚の自己再生を促進できる <font color=”#336699″>「ラディエッセ注入」</font>

この 両者を組み合わせた TCB-R(RはラディエッセのRです)法は
切らない目の下の 自己再生治療なのです。

目の下の悩みなら どのようなことでも お問い合わせください。
是非 当院HP マイページログインから
ドクター無料相談 を ご利用ください。私が 直接 お答えいたします。

または
SOグレイスクリニック 私のカウンセリング予約
おとりください。
リーダイアル0120-0480-74 (東京 大阪共通)

なお 只今 TCB TCB-R TCB-F法 とも
非常に お得な キャンペーン実施中です!
是非 この機会に 悩みを 解消してください!

お待ち申し上げます。

(注:本文中の ラディエッセは レディエッセと 同じものです)

近藤惣一郎

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン! 予約受付中! 0120-0480-74

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得
DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

五畳半の狼・第342回放送分

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

コメント (0)

若返り・美顔 素敵創り 美容外科SOグレイスクリニック 「おもてなし」のこだわり

2011.06.07

待合2.jpg

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

エントランス横.jpg

 

こんにちは

 

梅雨に入り 蒸し暑い日が多くなりました。

みなさん 如何お過ごしですか?

 

今日は いつもと すこし 趣向をかえて

品川にある当院

SOグレイスクリニック 御殿山の

創りや内装について ご紹介いたします。

 

待合1−1.jpg

 

SOグレイスクリニックには 現在

ここ御殿山の本院と

大阪・江坂駅近くにある 大阪院の

二院が あります。

 

これだけ多くの情報が溢れる中から

当院を 選んでいただける 患者様に

 

最高レベルの治療はもちろんのこと、

接客、サービスの面でもご満足いただけるよう

常に努力と工夫を 行っております。

 

特に 本院である 東京・品川にある御殿山院は

JR品川駅から タクシーで ワンメータ、

徒歩でも10分余りの

交通の便に非常に恵まれた場所でありながら

緑の多い 閑静な住宅街にございます。

 

待合2−1.jpg

 

クリニック前の路は、車が一台通るだけの幅で

また、当院が その小路の突き当たりにある関係上

ほとんど 人は往来いたしません。

 

品川駅から タクシーにご乗車され

当院の住所を ドライバーに おっしゃっていただければ、

10分ほどで 当院の玄関前に到着でき

誰にも顔を 会わせることなく クリニックにお入りいただけます。

 

東京が不慣れな方でも

電車の乗り換えなど無く 安心して 御来院いただけます。

 

初診の方、治療をされる方の

品川駅からのタクシー料金は 当院負担とさせていただいております。

パウダールーム.jpg

建物は 地下1階、地上3階の一軒家で

隠れ家に お客様をお迎えするスタイルです。

 

テラスやポーチ、パティオには緑や花がたくさんあり

季節を感じることが出来ます。

 

院内のインテリアは カーテンも含め

イタリアのもので

私が 一つ一つオーダーしたり、選んだものです。

 

プライバシー保護のため

とかく 他のクリニックでは 間仕切りでスペースを区切ったり

小さな半個室を多く設けたりしますが

 

当院では まさに 我が家に

お客様を お迎えする 自然な形です。

 

 

待合室 カウンセリングルーム

フォト・レーザー室

特別室 回復室 パウダールーム

 

どれも 従来のクリニックの常識にとらわれることなく

 

御来院いただける

患者様 お客様が ゆったりとくつろぎ、

 

治療や処置を リラックスしてお受けいただけることを

第一に考え 創りました。

特別室.jpg

全国 どの場所から、どなたが御来院されても

 

当院なら 心からリラックスし、

東京にいること そして クリニックにいることを

忘れてしまうと思います。

 

当院は

目のくまや 目の下のたるみで悩まれる方に行う

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取りや

お顔のたるみに悩まれる方 小顔に憧れる方に行う

DR近藤オリジナル 切らないお顔のたるみ取り チタンペックリフト

を はじめ

他院にはない 当院 独自の 若返り 美顔の 外科治療を行っております。

 

手術室.jpg

しかし 当院は けっして 手術だけを行う

美容外科クリニックでは ありません。

 

美容点滴や 美肌・美白効果のフォトフェイシャル

たるみとり、お肌引き締め高周波や、フラクショナルレーザー、

リンパマッサージや デコルテ・バストケア

脂肪溶解メソセラピー

ボトックスや ヒアルロン酸などの

お気軽な 美容皮膚科的治療も 充実しております。

 

laser室.jpg

 

勿論 今回 お写真で ご紹介している

素敵な空間を 独り占めして

これらの治療を 楽しんでいただけます。

 

詳しくは SOグレイスクリニックHPを ご覧ください

 

私の目指すところは 一方的に治療をすることでなく

ご縁を いただいた患者様に

楽しんで 綺麗に 若く 素敵になっていただくことです。

 

施術・治療だけでなく

建物も含めた もてなし、ホスピタリティーも

他院には 真似の出来ない 高いレベルを

目指し 実践する努力を 行っております。

 

クリニックに限らず 良い企業、会社 は

お客様と一緒に 創り上げて行くものだと思います。

 

当院の治療は 一つ一つの治療を自信と責任を持って行い

けっして 安売りは致しません。

 

カウンセリングルーム@.jpg

 

高品質の治療を 適正な料金で提供し、

御来院いただける お一人 お一人の

顔が見える 医療、接遇を 行っております。

 

けっして 敷居の高い 所ではありません。

 

お顔のことで なにか悩みがある方、

素敵だけど さらに 素敵になりたい方、

 

是非 当院のHPや 私のブログをご覧になられ

当院に 御来院ください。

 

そして

皆さんが 素敵になられるお手伝いが出来ると同時に

皆さんの力で 是非

SOグレイスクリニックを

より素敵なクリニックに創り上げていただければ幸いです。

 

お一人でも 多くの方の 御来院を

心より お待ち申し上げます。

 

近藤惣一郎

エントランス手前.jpg

 

 

コメント (0)

DR近藤オリジナル 切らない 目の下のくま・たるみ取り 手術直後+2ヶ月後症例写真

2011.06.04

sumidaスライド2.jpg

 

切らずに小顔 切らずにスリム 切らない部分やせ メニュー! 

ザ ベストハウスにて  最新若返り治療 一位獲得

DR近藤オリジナル  切らないお顔の引き上げ術 チタンペックリフト

DR近藤オリジナル  切らない目の下のクマ・たるみ取り

自分の血液から作る GELで最先端若返り!SO Grace PPP-GEL注入療法


お顔なら 何カ所でも 何CCでも 同一料金 DR近藤 美創り PPPスペシャル

SO. グレイスクリニック 症例フォトギャラリー

SO グレイスクリニック 御殿山 オープン!予約受付中! 0120-0480-74

SOグレイスクリニック 女性スタッフ・ブログ「美・創り」

DR近藤大解剖TV番組

DR近藤惣一郎 TV 番組 沖釣りでもっと健康に

美・STORY」10月号の特集 「45歳からの美人ドック」

「教えて、先輩!45歳って何が起こるんですか?」

そろそろ、健康じゃないと美を保てません 45歳からの美人ドッグ

pppバナー.jpg

グレイス二重まぶた術/ 目頭切開術の 詳細を どうぞ! (Zeis手術顕微鏡使用)

私が自信を持ってプチ整形でラディエッセを用いる根拠

sumidaスライド1.jpg

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り は 目の下の皮膚は切りません。

この施術も 20代から70代まで 幅広い年齢層の患者様にご愛顧いただいております。

「切らない」とはいっても 内科的 皮膚科的な治療ではなく、脳外科医が行う外科手術です。

アプローチは 下眼瞼の結膜 つまり 赤目部分を 3ミリほど小さく切開し そこから

手術顕微鏡を用い 裏側から皮膚を圧迫する 脂肪を丁寧に減らします。

痛みは ありません。 両眼で時間は約 30分以内です。

目も閉じて行え 怖くありません。

脳外科顕微鏡手術のテクニックを用いますので、術直後でも 基本的に内出血は ありません。

 

モニターの20代の患者様は 目のクマが悩みでした。

まず 目の下の脂肪が原因である たるみを

DR近藤オリジナル 切らない目の下のくま・たるみ取り で 減らし

その 3週間後 たるみとホホの境界にある 凹みラインに

レディエッセという ハイドロキシアパタイト製剤を お注射する

TCB-R法(詳細は 下記)を 行いました。

 

上に示した 術後2ヶ月の 写真が 示すように

目の下が 見違えるほど すっきりし 活き活きとした目元になります。

 

下には この患者様が 切らない目の下のくま・たるみ取りをお受けになった

直後の写真です。

 

TCB-R sumida post +.JPG

 

直後でも このように 内出血や 腫れは 基本的にありません。

他人には 治療したことは 知られず お綺麗になれます。

 

 

目の下のたるみ 目のくまで お悩みの皆さん

是非 私に ご相談ください。

 

0120-0480-74 SOグレイスクリニック

近藤惣一郎

 

 

———————————————————–

TCB-Rスライド1.jpg

 

こんにちは

DR 近藤オリジナル 切らない目の下のクマ・たるみ取りは

全国から 目の下のお悩みを持って

ご来院いただく患者様に

私が ほぼ毎日行っている

当院の 代表的 人気治療です。

 

この5年余りでの症例数は

2000例を超えました。

 

これだけ数ある美容外科 医師の中から

当院 および 私に信頼を寄せ

ご縁をいただくことに

感謝すると共に その責任の重さを日々感じ

お一人お一人 丁寧かつ着実な治療を心がけ

私は 勿論 スタッフ一同 精進させていただいております。

 

さて 私の「切らない目の下のたるみ取り 自己再生TCB」

は HPや過去のブログでも ご説明いただいておりますが

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)を

 

皮膚は切開することなく

下まぶたの裏側の結膜(赤目部分)に

数ミリの 小さなキズを設け

適度に減らす手術です。

(正確には 経結膜下眼瞼形成術:TCBと呼びます)

 

今回は このページで

私が 私のTCBを

以前から美容外科領域で行われてきた

「脱脂」と 区別している理由と

 

私のTCBが 脂肪を多量に取り出して 目の下を凹ませる

治療ではないことを

改めて ご説明させていただきます。

 

インターネットの書き込みなどで

 

「目の下の脂肪を減らす いわゆる 脱脂を 行うと

目の下が凹んで クマが 余計に ひどくなるのでは…」

 

というものを よく見かけます。

実際 私のもとを訪れる患者様や

それら患者様からの相談メール

にも 同様の 不安を抱かれる方が多いようです。

 

確かに この部分の脂肪を

あたかも 悪性腫瘍を 取り除くよう

悪者扱いして 無計画に 取りすぎれば

本当に 目の下は 凹んでしまいます。

 

ようするに 大切なことは

目の下の脂肪を どの部分から どの程度減らせば

その方の目の下が

綺麗に若返ることができるかを

手術前に しっかり 判断し

手術中 それを 正しく 実施することなのです。

 

私が 先ほど

目の下のたるみ、クマの要因のひとつになっている

目の下の脂肪(眼窩脂肪)

 

と 述べましたが

 

多くの方の 目の下のクマ、たるみの原因が

この脂肪だけにあるのではありません。

 

目の凹みスライド01.jpg

目の凹みスライド02.jpg

目の凹みスライド03.jpg

目の凹みスライド04.jpg

私の経験では、図1,2,3,4で 示すように

皆さんが 「目の下の加齢・老化」と思っていることが

 

実は ホホ(チーク)を含めた 

専門的には 「中顔面」と呼ばれる部位の

加齢、老化が 大きく 関与しているのです。

 

もうすこし 具体的に云えば

「中顔面(ミッドフェイス:mid face)の下垂がもたらす

下まぶたとホホの境にある凹みライン(lid-cheek junction)

目の下のエイジングに関わっているのです。

 

ですから 目の下のたるみを 美容学的に治すためには

目の下の脂肪の膨らみだけでなく

その下 つまり 下まぶたと チークの

境界にある凹みラインも併せて 考える必要があるのです。

 

私の場合患者様に

 

1 膨らみがメインの方…脂肪を適度に減らす 自己再生TCB

2 凹みラインがメインの方…ラディエッセや脂肪の注入療法

3 膨らみと凹みが混在した方…自己再生TCB+注入療法(TCB-R/F法)

 

と 治療方針をご説明しております。

 

そして 目の下の悩みを持たれる30歳以上の患者様の

85%が “3”の

膨らみと凹みが混在したパターンであり

TCB-R/Fが適応の患者様となっております。

 

さて このような患者様に TCB「切らない目の下のたるみ取り」で

脂肪を減らす際

「どの場所からどの程度 脂肪を減らせば 最適か」

という点は非常に重要です。

目の凹みスライド05.jpg

図5を ご覧ください。

患者様の多くが  膨らみと考えている

「見かけの膨らみ」は

「膨らみ+凹み」の高さとなり

「実際の膨らみ」より 誇張されています。

 

これを 医師が 図6の下段のように

A+B つまり 「膨らみ+凹み」分の脂肪を

減らしてしまうと 本当に

目の下は 凹んでしまいます。

 

目の凹みスライド06.jpg

治療にあたる医師は 「見かけの膨らみ」に 惑わされることなく

Aの高さのみの 実際の膨らみ分のみ

脂肪を 減らさなければ なりません。

 

この適度な 脂肪減量・脂肪減圧が

「脂肪を減らすと凹んでしまう、しわくちゃになる」といった

不安な現象を 起こすことなく

目の下のくま、たるみを 治療するうえで 大切になるのです。

目の凹みスライド07.jpg

そして その後 図7に示すように

下まぶたとホホの境界に凹みライン(Lid/cheek junction descent)

に ラディエッセや ご自身の脂肪を注入して

 

その方が 若かった頃の

目元から中顔面(チーク、ホホ)にかけての

形態を再現し 創り出すことが

TCB-R/F 法の 目的であり

私が 毎日 行っている事なのです。

 

また 先にも述べた 私が 私の手術を

通常の「脂肪取り・脱脂」とは 一線を画している理由は

私の 手術手技にあります。

 

目の下の皮膚は とても薄く

いくら 目の下の皮膚に切開を入れない、

キズを作らないとはいっても

 

皮膚を乱雑に扱いながら 脂肪を取れば

術後 目の下の おしわが 増えたり

張りを失うリスクが 高まると考えられます。

 

私の場合 脳神経外科手術の専門道具と 手術顕微鏡を用い

極めて 丁寧かつ繊細に行います。。

 

手術中は 目を閉じて行え 目の下の皮膚を 強い力で

引っ張ることも致しません。

 

痛みも 殆どなく 両眼で 30分ほどの所用時間です。

 

そして このような丁寧な手術手技で

脂肪が押していた 圧力を減らすことで

皮膚 そして その下にある筋肉(眼輪筋)の

負担が減り、

皮膚・筋肉細胞の 自らの力(自己再生)で

まぶたの引き締め、張りを出すスイッチも入れることにも

つながるのです。

TCB-Rスライド3.jpg

ですから 私の 「切らない目の下のたるみ取り」は

単に 脂肪を取り出すことを目的にする

物理的な「脱脂」ではなく

 

組織的、細胞学的側面を意識した

自己再生治療と呼べるのです。

 

目の下のたるみ、目のくまで お悩みの皆さん、

是非 私の カウンセリングを

フリーダイヤル0120-0480-74で 御予約ください。

 

また 只今 目の下の治療を 通常よりも
10万円以上 お安く受けられる キャンペーン
実施中です!
 

あるいは HPのマイページログインから

私の ドクター無料相談を ご利用してください。

 

お待ち申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近藤惣一郎

コメント (0)